ティモシー・シャラメとリリー=ローズ・デップが破局

 

ティモシー・シャラメとリリー=ローズ・デップが破局

4/28(火) 11:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 「君の名前で僕を呼んで」でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた若手俳優ティモシー・シャラメと、ジョニー・デップとバネッサ・パラディの娘で女優のリリー=ローズ・デップが、破局したことがわかった。

24歳のシャラメは英ヴォーグ誌5月号に登場し、誌面で現在シングルだと明かされた。シャラメと20歳のリリー=ローズは、Netflix映画「キング」で共演し、2018年10月にニューヨークでキスする姿を目撃されて交際説が浮上した。その後もたびたびデートする姿が報じられたが、19年9月にベネチア国際映画祭の「キング」プレミアに一緒に出席した時を最後に、写真を撮られる機会はなかった。

シャラメは13年にマドンナの娘ローデス・レオンと交際。リリー=ローズは英モデルのアッシュ・スティメストと2年交際していたが、18年4月に破局した。

シャラメは、SF小説「デューン 砂の惑星」シリーズをドゥニ・ビルヌーブ監督が映画化した新作「デューン(原題)」が12月全米公開の予定となっている。また、ルカ・グァダニーノ監督「君の名前で僕を呼んで」続編にアーミー・ハマーとカムバックすることが決まっているほか、ボブ・ディランの伝記映画となるジェームズ・マンゴールド監督「Going Electric(仮題)」に主演することも決定している。

引用:ティモシー・シャラメとリリー=ローズ・デップが破局