スポンサーリンク



 

 

散歩の効果で子どもと歩いてコロナ太りにならないために免疫力を蓄積!

目安時間:約 6分

散歩の効果とコロナ太りについて

免疫力の調査してみますね。

散歩の効果で子どもと歩いてコロナ太りにならないために

免疫力を蓄積しましょう!

新型コロナウイルスの猛威に対して日本も渋々と緊急事態宣言が
出ました。

その中であれはだめこれもだめといろいろとあるようですが
散歩はおススメだそうです。

散歩は一番お金がかからなくて免疫効果がありますから・・・

散歩で免疫効果を蓄え、新型コロナウイルスの猛威に
打ち勝つのにどのように散歩をしたらいいのでしょうか?

小中学校も休校になる可能性がありますので散歩を
子どもたちとして効果を出し子供たちも免疫力
高める必要があります。

それと看護している人たちの散歩はどのようにして
効果を出しているのでしょう。

 

 

 

散歩の効果とメリットは

新型コロナウイルス騒動で子どもたちが家にいることが
多くなっています。

そうしますとテレビやゲームをすることが多くなり
外に出ることが少なくなりますね。

そのような状態を見ている親たちもイライラすることも
多くなると思います。

 

その時には子どもたちと散歩をしますととても
良い効果が出ます。

散歩して子どもたちに良い効果を出すためには
20分、30分でもいいですから一緒に散歩をしてみませんか。

散歩の効果的な歩き方はどのようにすればいいのでしょうか。

そして親子での散歩の効果はどのようなものなんでしょうか。

親子での散歩の効果のメリットの一番は普段できない
コミュニケーションの時間にになることでしょうか。

 

子どもたちと一緒の散歩の効果のメリットの一つは
子供と過ごすことに集中できます。じっくり会話する
またとない機会なんですね。

本当は新型コロナウイルスで家にいるから親子での
散歩の効果を出すのは邪道なんですけど、これも
仕方がないのかもしません。

子どもたちと散歩をしますと四季折々の季節の
良さを実感できリフレッシュできますのでそれだけでも
子供たちとの散歩の効果が期待できます。

交通ルールを学ぶこともできます。

普段は学校の先生から教えて貰っていることなんでしょうけど
親から交通ルールを学ぶ事も新鮮さがあるのでしょう。

散歩して子どもたちに良い効果を出し免疫力を高めて
新型コロナウイルスに打ち勝つには散歩がいいのかも
知れません。

 

高齢者が散歩することの4つの効果は

散歩して効果を出すために高齢者はどのようにすれば
いいのでしょうか?

高齢者は散歩するかしないかを別として
体力が落ちています。

ですから高齢者の散歩の効果は体力維持
が最大の目的です。

 

高齢者の散歩の効果は日常生活においても散歩
を習慣的に行うことは生活習慣病や特に
新型コロナウイルスに免疫力がある程度つくと
予想されます。

高齢者に適した散歩は有酸素運動の一つとして
適しており比較的に簡易にすることができ用具も
必要がありませんので新型コロナウイルス
蔓延のときこそ免疫力をつけるためにやるように
しましょう。

高齢者は散歩で屋外に出て人とコミュニケーションを
取ることが増えていけば引きこもりや認知機能低下の
防止などの効果が期待できます。

ただ高齢者の散歩には注意点があります。

特に高齢者は筋力の低下や関節可動域の低下が
進行していますので転倒や障害が発生するリスクが
つきまといますので常に自分自身の体力を考えながら
散歩をするようにしましょう。

 

まとめ

緊急事態宣言が出ましたね・・

外出を自粛してくださいと何度も言っています。

ですけどその中で散歩やジョッキングはいいとの事でした。

散歩やジョッキングが制限されなくてよかったと思います。

家庭の主婦や子どもたちそして高齢者の散歩の
やり方を簡単に書いてみました。

 

今はスマホを持っている人が多いようですので
その中に歩数計があるかと思います。

一日の歩数を登録して毎日目標に向かって
散歩する方法もありですね。

 

ちなみにわたくしは一日の歩数は7500歩に設定しています。

ですけど毎日のことですから一日の歩数は7500歩は
とてもきついですよ。

新型コロナウイルスに負けないためには免疫力を
つけなければなりませんので毎日実行しています。

 

新型コロナウイルス騒動はいつまでも続くのでしょうか。

早く終焉すればいいですね。

さぁ頑張って散歩して免疫力を高めましょう・・・

カテゴリ:暮らし  [コメント:0]

comment closed

ページの先頭へ