テレ朝「報ステ」はコロナ後に大改革か…小木アナ抜擢が奏功し富川アナに7月交代説

 

テレ朝「報ステ」はコロナ後に大改革か…

小木アナ抜擢が奏功し富川アナに7月交代説

4/27(月) 15:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 テレビ朝日が「報道ステーション」の大改革に着手する可能性が出てきた。7月期の放送から富川悠太アナ(43)と小木逸平アナ(45)を交代させる人事案が持ち上がっているというのだ。

「報ステ」はメインキャスターの富川アナが新型コロナに感染。無事、退院したものの現在も自宅療養を強いられたままだ。富川アナの代役として急きょ、起用されたのが小木アナ。

「あまりの大役に一度は全曜日のメインを引き受けることをかたくなに固辞していたそうです。だが、伝統ある『報ステ』を休止させるわけにはいかないと『団結して協力をお願いします』とスタッフ、一人一人に頭を下げて回ったそうです」(番組関係者)

当初、小木アナに代わったことで視聴率低迷が懸念されたが、「全くの杞憂だった」とテレ朝関係者がこう続ける。

「下がるどころか一連のコロナ報道で右肩上がり。コンスタントに10~12%前後を取っている。小木アナは普段から腰が低く、ADにも分け隔てなく接するからスタッフ受けも抜群です」

■うぬぼれや自己欺瞞で評価急落

日を追うごとに評価を高めていく小木アナとは対照的に富川アナのコロナ罹患後の対応にも非難が集まっている。

「コロナに感染したことは仕方がない。誰もこの点に関し責めることはできない。問題はこの時の対応。高熱があるにもかかわらず出社し、キャスターを続けたことについて本人は『責任感と義務感からなかなか打ち明けられなかった』と言うような趣旨のことを話しているが、上層部のジャッジは厳しい。富川アナはよかれと思って出社したのだろうが、それは結果的にうぬぼれや自己欺瞞とみられている。テレ朝の報道局内にクラスター感染を引き起こし崩壊寸前にまで追い込んだ責任は重い」(前出のテレ朝関係者)

テレ朝は27日、メインキャスターを務めるフリーの徳永有美アナウンサー(44)が同日夜の放送から復帰すると発表したが、その後、仮に富川アナがこのまま番組復帰しても、視聴者から多くの疑問の声が上がることが想定されており、「現場からはこのまま小木アナ続投の声が上がっている」(テレ朝関係者)という。コロナ後は「報ステ」のメインキャスターに大抜擢も現実味を帯びてきた小木アナ。

ちなみに、小木の読みは「おぎ」ではなく「こぎ」である。

引用:テレ朝「報ステ」はコロナ後に大改革か…小木アナ抜擢が奏功し富川アナに7月交代説