スポンサーリンク



 

 

「医療従事者がタクシー乗車を拒まれた」 厚労省が「心無い事例」に注意喚起ツイート

目安時間:約 4分

 

「医療従事者がタクシー乗車を拒まれた」

厚労省が「心無い事例」に注意喚起ツイート

4/17(金) 16:05配信

J-CASTニュース

 厚生労働省の公式ツイッターは2020年4月17日、新型コロナウイルスの治療にあたる医療従事者たちへの誹謗中傷・風評被害があることを明かし、止めるよう呼びかけた。リプライ欄では「大事な注意喚起」など共感の声や医療従事者への感謝の声が集まっている。

■「場合によっては人権侵害になることも」

厚生労働省はツイートで「『新型コロナウイルス感染症の治療に当たっている医療従事者の子どもたちが、保育所への通園を断られた』、『医療従事者が、タクシーへの乗車を拒まれた』、などといった心ない事例が紹介されています」と、医療従事者や家族に対し誹謗中傷・風評被害があることを明かした。

続けて「医師や看護師などの医療従事者は、感染防御を十分にした上で、患者の検査や治療、感染症のまん延を防止するなどといった、国民が望む仕事を行っています。正確でない情報により、医療従事者に対応することは慎むべきですし、場合によっては人権侵害になることもあります」と注意喚起を行った。

投稿には「命を救う仕事をしている人に対して失礼極まりない」「懸命に仕事している方々に差別。こんなことがあってはならない」とのコメントが相次いでいる。中には「医療従事者の方々には頭が下がります。ありがとうございます」と、感謝の声も散見された。

一方で厚生労働省に対し「医療機関に対する感謝と支援を、政府として国民に呼びかけていただきたい」「医療従事者のみなさんに国は厚い手当てを」などの要望も寄せられている。

医療従事者への中傷については、日本看護倫理学会が4月2日に「新型コロナウイルスと闘う医療従事者に敬意を」と題した声明文を発表しており、その中で「コロナ陽性患者を最初に診た診療所の医師が、嫌がらせの電話やいたずら書きを受けたりしている」「陽性反応が出た医療機関の職員の子どもに対するいじめがある」と学会に寄せられた事例を紹介。「一人でも多くの人を救うために努力している医療従事者の尊厳を守ってください」と呼びかけていた。

引用:「医療従事者がタクシー乗車を拒まれた」 厚労省が「心無い事例」に注意喚起ツイート

カテゴリ:ニュース  [コメント:0]

comment closed

ページの先頭へ