スポンサーリンク



 

 

コロナ後の旅行形態 旅行業界は ハワイ旅行はいつからできるのか?

目安時間:約 6分

コロナ後の旅行形態 旅行業界はどのように変わるんでしょうか。

コロナ後の旅行はどうなるんでしょうね。

 

しかしコロナ・・コロナと世界中は大騒ぎをしておりますが
いいこともあるんではないかと思います。

 

中国では川の水がきれいになっているそうです。

 

環境が改善されているんですね。

 

世界の観光地に一度でも行って見たいとは思いませんか?

 

ですけど

街中の人混みや交通渋滞騒音や道端にあふれでるゴミ

日本でもコロナ前は表に出すのはタブーと言われるくらいひどい状態でしたね。

 

京都などは日本人のお客は迷惑だとの雰囲気でしたよ。

 

これが全国に広がっていましたから。

それが今年の2月ごろからコロナが蔓延してから
生活様式が大幅に変わりましたね。

 

コロナ後の旅行はどのように変わるのでしょうか。

今の現状を考えればGO TOトラベルなんかは
とんでもないのかも知れません。

 

なぜなら全国に移動するからです。

 

旅何って贅沢でコロナ後の旅のスタイルに不安だらけです。

 

それでもどこかに旅をしたいですね。

 

国内旅行でも旅行を計画する場合は様々な条件
付くと予想されます。

 

コロナ後旅の不安を解決するために国内旅行をするにせよ
海外旅行をするにせよは様々な条件が付くと予想されます。

 

●旅行日程の事前提出とか

●監視アプリのインストールとか

●免疫獲得証明書の携帯とか

●混雑した場所は避けられるとか

●ソーシャル・ディスタンスを保てる場所とか

●人が少なく自然がたくさんある地方都市とか

●レジャーやバカンスだけならば、近場でもいいとか

●サーモグラフィーによる体温検知は普通になるとか

●抗体検査の実施も普通になるとか

●ホテルはサービスは「清潔さ」が最優先とか

●デジタルとの融合も必要f不可決になるとか

●業者にも観光客にも責任を課すとか

●環境問題に負荷を掛けることはできなくなるとか

●誰でもイラッシャイはなくなるとか

 

業者も観光客も選別される時代に突入する旅行形態に
入るのかもしれませんね。

 

責任のある旅行形態に変わっていくのでしょう。

 

観光客はウエルカムですけど、同時に自然や住民を守ることも重
要になります。

 

日本ではこのようなことは殆ど無視されていましたので
コロナ後の旅行形態は変えてもらいたいと思います。

 

 

ハワイにおけるコロナウィルスの様子は・・・

2020年8月15日現在、ハワイ州では4,825名の新型コロナウィルス感染が
確認されています。

 

3月26日(木)よりハワイ州外からの到着者は
14日間の隔離が義務付けられています。

 

先日テレビを見ていましたらハワイの現在のの様子が
映していました。

 

何度もハワイへ行ったのですが、宿泊したことがある
ハイアットのホテルが真っ暗なのにはびっくりしました。

 

殆ど人ではなくお店も閉めていました。

 

観光で成り立っているハワイがコロナウィルスで
壊滅状態です。

 

ビーチもこのような状態です。

 

 

ピンク色のホテルはロイヤル・ハワイアン・ホテルですね。

 

その先にあるのはシェラトンホテルでしょうね。

 

デューク・カハナモク像の前はいつも混雑しているのですが
テレビ映像では殆ど人がおりません。

 

当分の間はビーチにも入ってはいけないそうです。

そしてビーチ付近にも休んではいけないとの事でした。

 

まとめ

コロナ後の旅行形態について書いていきましたが
コロナ後の旅行業界やコロナ後の旅行産業も
変わらなければいけません。

 

このコロナ問題は今年いっぱい恐らく来年に
ずれ込んでくると思います。

 

当分の間は海外旅行は無理だと思われます。

 

国内旅行に目を向けなければなりません。

 

一時はインバウンド政策で国内の観光地も外人だらけで
日本人は排除された感じでしたが、これからはインバウンド需要も

当分見込めないでしょうから旅行業界も日本人向けに
すべてシフトを変えなければなりません。

需要も当分見込めないでしょうから旅行業界も日本人向けに
すべてシフトを変えなければなりません。

 

ですけどコロナ後の旅行形態を上向けにするためには
相当の努力が必要になってきますね。

 

全体の1割近くがコロナ蔓延にも影響がなかった旅館が
あったそうです。

 

それは星野リゾートです。

インバウンドを1割くらいに抑えていたということです。

すごいですね・・・・

comment closed

ページの先頭へ