スポンサーリンク



 

 

「そこがなっぴの良さ」「一番向いている」 運上弘菜、メンバーが語る「新センター」

目安時間:約 7分

 

「そこがなっぴの良さ」「一番向いている」

 

運上弘菜、メンバーが語る「新センター」の横顔【HKT48・1万7000字インタビュー(2)】

4/12(日) 11:00配信

J-CASTニュース

 HKT48が約1年ぶりにリリースする新曲「3-2(さんひくに)」(2020年4月22日発売)では、「なっぴ」こと運上弘菜(うんじょう・ひろな)さん(21)が初めてセンターポジションに起用された。

運上さん曰く「そもそもセンターに選ばれる雰囲気のメンバーではないと思っていた」。そんな運上さんを「なっぴのメンタルは、おれたちが守ろうな!」(1期生の村重杏奈さん=21)と、メンバーが支えながらグループを盛り上げたい考えだ。インタビューの第2回では、新たな「グループの顔」の人となりに迫りながら、センター経験のあるメンバーに、それぞれの「センター論」を語ってもらった。(聞き手・構成:J-CASTニュース編集部 工藤博司)

■「そもそもセンターに選ばれる雰囲気のメンバーではないと思っていたので...」

―― センターの運上さんにうかがいます。4期生としては初の表題曲のセンター起用です。「早送りカレンダー」(18年発売)から3作連続の「選抜」入りですが、やはりセンターから見える景色は違いますか。

運上: 「全然違う」というか、そもそもセンターに選ばれる雰囲気のメンバーではないと思っていたので、びっくりした気持ちがすごく大きかったです。今までのHKT48とは違う雰囲気の曲でセンターをさせていただいたので、新しいHKT48の魅力を引き出して発信していきたいです。

―― 実際にMVをセンターで撮影してみて、いかがですか。

運上: MV撮影は天気が悪くて、ダンスのところも結構(スケジュールが)バタバタしていて、みんなで「大丈夫かな」と思っていましたが、「寒いけど頑張ろうね」と励まし合いながらダンスできたので、いい作品になっていると思います。

―― 「そもそもセンターに選ばれる雰囲気のメンバーではないと思っていた」とのことでした。確かに17年の「じゃんけん大会」で「笑わないアイドル」がコンセプトのユニットで優勝した際には、優勝会見でも表情を変えずに淡々と話していたのが印象的でした。「日経エンタテインメント! HKT48 Special 2019」(日経BPムック、18年発売)のインタビューでは、「私はずっとステージに立つのも笑うのも苦手で、ファンの方にも目線を送れないし」とも話していました。ここ1年ほどで握手や劇場公演での人気が上昇した運上さんですが、苦手意識は克服できましたか。克服のために、どういったことを心がけてきましたか。

運上: うーん、やっぱり選抜に入ってから、コンサートでもずっと後ろだったのが前で踊れるようになったり歌えるようになったりすることで、ステージに立つ楽しさが少しずつ感じられるようになってきました。今ではステージに対しての苦手意識はありません。でもやっぱり、ステージに立っていてファンの方とアイコンタクトを取ったりというのは、まだ基本苦手で...。良くないんですが、でも、それもファンの方に伝えて、自分のキャラクターを把握してくれて、そこを好きでいてくれるファンの方もいるので...。苦手な部分はまだ完全に取り払われてはいませんが、「これが自分だ」という感じでいます。

―― そういったところを含めて運上さんのキャラクターを受け入れてくださる熱心なファンの方が増えてきたと...。そんな感触ですか?

運上: うーん、増えてきたんですかね~?

田島: そこがなっぴの良さ。「らしさ」として、好きな人が応援してくださっていると思います。

村重: なっぴは「私は内気なんです」という感じの言い方をしますが、割と村重は、なっぴを見ていて「すごく熱いな」と思うことも多いです。なんだかんだ負けず嫌いなのかな、と思う時もあるし、本人は「センターには向いてない」という発言をしますが、村重は一番向いているんじゃないかと思います。

田島: 自分に対してすごくストイックだし...

村重: 今までのHKT48にいないメンバーだと思います。

    • 1

1/3ページ

引用:「そこがなっぴの良さ」「一番向いている」 運上弘菜、メンバーが語る「新センター」の横顔【HKT48・1万7000字インタビュー

カテゴリ:エンタメ  [コメント:0]

comment closed

ページの先頭へ