引越し業者を頼むときは見積もりをキチンとりましょう。評判悪い引越し業者の断り方!

引越し業者はどのようにして選べばいいの?

テレビでCMを流しているような大手から地元でも
あまり知られていない小さなところまで
世の中には非常に多くの引越し業者が存在します。

 

そのため、どこに依頼すれば良いのか迷ってしまう人も
少なくありません。

 

そんなときに選択の指標として役に立つのは
やはり値段です。

 

特に進学や結婚などで新生活が始まる予定で
あるなら、他の面でもいろいろと出費することに
なるので、できるだけ安いところを選んで
節約するが重要になります。

 

ただし安い代わりに引っ越し作業が雑なところも
存在するので、安易に選ぶことは避けて、評判を
チェックするのも忘れないでください。

 

具体的には、利用者の口コミが記載されている
比較サイトを参考にすると良いでしょう。

 

日にちや荷物の量といった条件を入力するだけで
概算ですが各社の見積もりを一括で得られるような
サイトも存在します。

 

その金額と口コミの良し悪しを踏まえて検討すれば
少なくとも大きな失敗を避けられる可能性が高いです。

評判悪い引越し業者の断り方!

評判悪い引越し業者の断り方は
どのようにすればいいのでしょう。

 

引越し業者の見積書の見方ですがきちんと荷物を
運べる車
を見分けることです。

 

荷物が少ないのに大きな車をもってくるとか・・

逆に荷物が多いのに小さな車をのせようとするのか・・

それとサービスが過剰なのも要注意です。

 

サービスが過剰なものは

引っ越しするときにはいろんなものが必要になります。

例えば物を入れる段ボールとか

食器を入れる紙類とか・・

それらをすべて入れた何円です。

とてもお安いですからいかがですかとか・・

現在ではすべての物に関してはお金がかかっています、

そんなに引っ越しは安くできるわけがありません。

 

ですから最低でも5社くらいの複数の引越し業者
見積書を取るべきです。

 

そこで引越し業者にの見積書を比較すれば
比較すればいいのです。

 

引越し業者の断り方は今では電話1本でできますので
安心してください。

引越し業者の値段と相場は

見積もりを取っても、記載されている値段
妥当かどうか判断できないこともありえます。

お得に引っ越しを済ませたいなら、事前に料金の相場
把握しておきましょう。

 

費用を大きく左右する主なポイントは荷物の量と
距離
ですが、時期によって大きく変わること
もよくあります。

 

一般的に高くなるのは入学や入社の時期
該当する春先であり、荷物が少ない場合の
全国平均は3万5000円ほどになっています。

 

ただし、同じ都道府県内であれば2万円台で
済むケースも少なくありません。

 

一方、荷物が多い場合の全国平均は5万円ほどで
同じ都道府県内ないであっても4万円を超えて
しまうことが多いです。

 

また、それ以外の時期に関しては春先よりも
全体的に1万円以上安くなっています。

 

全国平均に関しては、荷物が少ないケースで
2万5000円ほどであり、荷物が多いケースは
3万5000円ほどです。

 

どちらのケースも同じ都道府県内の引っ越しで
あれば、多くの場合はさらに5千円以上
安くなります。

引越しをする時の手続きの注意点は

引っ越しの際は移動や運搬以外にもしなければ
ならないことが多いので、あらかじめリスト
作成しておくのが得策です。

 

頭の中で整理しているだけでは、実際に作業
が始まると抜けが多くなってしまいます。

 

後から気付いても対処できるものが多いですが
余計な時間がかかることになりかねません。

 

そういった事態を避けるため、日数の目安なども
記入して、その手順に沿って漏れなく実施して
いくように心がけましょう。

 

たとえば、引っ越し業者に依頼する手続きだけでなく
住民票を移動させたりするような公的な手続き
行わなければなりません。

 

結婚するのであれば婚姻届が必要ですし
アパートに入居するなら鍵の受け渡しなども
必要になります。

 

ガスや水道といったインフラ方面の契約を滞りなく
進めることも大事です。

 

また、転居先で挨拶回りをする時間も
確保しておきましょう。

住んでいた地域でお世話になった人がいるなら
そちらに転居の知らせやお礼を伝えるのも
マナーです。

まとめ

引っ越し業者の一番忙し時は2月から3月になります。

それから12月はそれについて多いようです。

 

ですけど今年は新型コロナウイルスの流行のおかげで
様変わりをしています。

 

一番忙し2月、3月、4月の時に大流行しましたので
引っ越しどころの騒ぎではなくなりました。

 

5月31まで外出自粛しなければなりませんので
それらが解除になってこないとわかりませんね。

 

引っ越し業者だけでなくあらゆる産業が疲弊しだして
おりますので新型コロナウイルスも早めの終焉
お願いしたいですね。