浜崎あゆみドラマは「夜の昼ドラ」である 強烈すぎる個性がクセになる視聴者も

 

浜崎あゆみドラマは「夜の昼ドラ」である

強烈すぎる個性がクセになる視聴者も

4/20(月) 16:29配信

J-CASTニュース

 歌手の浜崎あゆみさん(41)の自伝的小説の実写化ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)が2020年4月18日に放送され、その内容が視聴者の間で話題になっている。

ドラマでは福岡県から上京してスターを目指すアユ役を歌手の安斉かれんさん(20)、アユを発掘してスターに押し上げるプロデューサー・MAXマサ役を俳優の三浦翔平さん(31)がそれぞれ務める。第1回となる18日の放送では、アユがMAXとアジア最大級のディスコ「Velfine」で運命の出会いを果たすシーンなどが描かれたが、それにも増して視聴者の注目を集めたのが、ドラマの強力すぎると言って良い布陣だ。

■「演技の初々しさがリアルな浜崎あゆみっぽくて、良かったです」

まず、アユ役を務める安斉さんの存在感が光っていた。安斉さんは2019年にエイベックスからデビューしたものの、メディア露出は極力避け、歌手として楽曲を配信するなど音楽活動に特化した芸能活動を行っており、今回のドラマ出演によってそのベールがはがされた「超大型新人」と言える存在だ。

正に、役者としての能力は未知数の状態でドラマの世界に飛び込んだ安斉さん。そのためか、ネット上ではツイッター上を中心に、「安斉かれんの演技が大根すぎてやばいwwww」といった手厳しい声は多いが、その一方で、「演技はお棒さんだったけど喋り方とかあゆに似せてるっぽいし歌も上手」と、作中で「DEPARTURES」(globe)のアカペラを披露した安斉さんを絶賛している。

また、別のアカウントからも、「演技が下手とか言ってる奴おるけど逆にそこが初々しい感じでいい」「演技の初々しさがリアルな浜崎あゆみっぽくて、良かったです 来週も楽しみです」と、デビュー直後の浜崎さんのリアルな姿を映し出しているのではないかとする声は多く、総じて言うと好意的な声が多いのが特徴的だ。併せて、三浦さんに対しても「マックスマサを真摯に演じきる三浦翔平、とても好感が持てます」といった高い評価が寄せられているほか、「三浦翔平さん、マサめちゃくちゃハマり役じゃない…?」と指摘する声も上がっているほどだ。

    • 1

1/2ページ

引用:浜崎あゆみドラマは「夜の昼ドラ」である 強烈すぎる個性がクセになる視聴者も