山中伸弥氏が切り込んだ安倍首相の「奨学金」論 強調の「給付型」には条件、しかも大

 

山中伸弥氏が切り込んだ安倍首相の「奨学金」論 

強調の「給付型」には条件、しかも大学院生は…

5/7(木) 18:57配信

J-CASTニュース

 新型コロナウイルスの対策をめぐる質問に安倍晋三首相が答える番組が2020年5月6日夜に「ニコニコ動画」、Yahoo!などで放送され、ノーベル医学生理学賞受賞者で京都大iPS細胞研究所の山中伸弥教授が安倍氏の発言をさえぎって突っ込む場面があった。

【画像】安倍晋三首相に質問する京都大iPS細胞研究所の山中伸弥教授

安倍氏は2020年4月に始まったばかりの給付型の奨学金の活用を呼びかける一方で、山中氏はその対象に大学院生が含まれていないことを指摘。安倍氏は繰り返し奨学金が「給付型」だという点を強調したが、受給までにはハードルが高かったとして、すかさず「できるだけ給付型の奨学金の割合を増やして頂けたら」とクギを刺した。

■「是非、大学院生の存在も頭に入れて頂けたら」

奨学金をめぐるやり取りがあったのは、約1時間にわたる番組の中盤。大学生や大学への支援の規模に関する質問に対して、安倍氏は各大学に対して授業料の納付、減免について要請したことに触れた上で、奨学金について

「この4月から高等教育の無償化が5400億円の予算でスタートした。その中で給付型の奨学金という制度が始まった。これを今回のコロナウイルスで大きく経済状況が変わった皆さんも利用できることになる。1年間に91万円の給付がいく。ぜひ、これも活用していただきたいと思う」
「大切なことは、たくさん制度はあるんですね。そのことをまだご存じない方もおられますから、先ほど申し上げたような、給付型の奨学金も活用していただきたいいと思いますし、学費を納付しなくても除籍とかにはなりませんから、どうか安心していただきたい」

などとアピール。直後に山中氏が司会の馬場典子アナウンサーから発言を求められ、大学院生の窮状を訴えた。

「私たちの研究所には、大学院生がたくさんおります。修士課程、博士課程…。もしかすると、彼らが、もしかしたら一番困っているかもしれません。20代後半、30代の人がいて、結婚もして子どもおられる、ご主人もおられる。そういう形で、今バイトもできない」
「今、大学院生が(発言の中に)入っていませんでしたので、是非、大学院生の存在も頭に入れて頂けたらと思います」

    • 1

1/2ページ

引用:山中伸弥氏が切り込んだ安倍首相の「奨学金」論 強調の「給付型」には条件、しかも大学院生は…