スポンサーリンク



 

 

夫に早くしんでほしい!そんな妻が「貧困」に転落する3つのパターン。。。

目安時間:約 2分

夫に早くしんでほしい!そんな妻が「貧困」に転落する3つのパターン。。。

1: 名無しのスコールさん 2020/01/05(日) 22:50:45
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/68940

事例1:「妻の受け取れる年金や資産が少ない」まず挙げられるのは、夫が亡くなった後、受給できる年金や預貯金が少ない。賃貸等で、自宅不動産などがなく、住居費がずっと続くといったケースである。

夫の死後に、妻が受給できる公的年金といえば「遺族年金」が思い浮かぶ。だが、そのしくみやどれくらいもらえるか正しく理解している人は少ない。

事例2:「財産管理を夫に任せきりにしていた妻」

夫の死後、遺産や死亡保険金が入っても、きちんと管理しなければ、あっという間に底を尽きかねない。あるいは、自分ができないからと、第三者にまかせっきりのままにしておくと、詐欺や横領など、金銭トラブルに巻き込まれる可能性もある。

事例3:「浪費癖が止まらず、夫が死後も膨らんだ支出が減らない妻」

とくに、家計管理を夫がやっていた妻は要注意。浪費のストッパー役であった夫がいない分、夫が亡くなったさびしさを消費で紛らわそうと、お金を使い過ぎてしまうケースもある。

また、妻自身は慎ましく、それほどお金を使うタイプでなくても、身近に、子どもなど頼れる親族がいなかったり、疎遠になっていたりするケースも注意しておきたい。

マンパワーがない分をアウトソーシングして補う可能性が高いからだ。

引用元: https://girlschannel.net/topics/2514822/

続きを読む

カテゴリ:2ch  [コメント:0]

comment closed

ページの先頭へ