短縮URLってどれも同じでしょう・・・?

いえ・・それはまちがいです・・

まずは・・この無料ツールを試してみてください・・r>
業界シェアーNO1

機能数業界ーNO1

初心者向けシンプル設計

このツールがあなたの短縮URLの常識を覆します・・

「がんと生きる 言葉の処方箋」 がん患者の対話カフェを映像化

4/22(月) 9:59配信

産経新聞

 がん患者が思いを分かち合うカフェの活動を始めた患者の日々を映像化したドキュメンタリー映画「がんと生きる 言葉の処方箋」が、5月3日から東京都新宿区の新宿武蔵野館で公開される。

 順天堂大医学部教授だった樋野興夫(ひの・おきお)さんが、医学と哲学を結びつけた「がん哲学外来」を平成20年に開設。外来が発展し、樋野さんの考えに共鳴した人々が各地で定期的に集まる場「メディカルカフェ」を開いている。

 映画では、カフェを開く4人に寄り添い、丁寧にその行動や思い、言葉を拾っていく。

 長野県松本市で月1回のカフェを開いている、乳がん患者だった齋藤智恵美さん。母一人子一人で、息子は保育園児と小さい。再発の恐れもあり、「孤独だった。がんと生きる中で、どうやって生きていくのがいいか、考えたかった」という。カフェについて、「思っていることを、安全に吐き出せる場って大事ですよね」との言葉に思いがこもる。

 カフェで処方されるのは「言葉」だ。言葉の処方箋には副作用がない。齋藤さんはカフェで、樋野さんのこんな言葉を紹介する。

 「解決はできなくても解消はできる」

 カフェが解消できる場になれば、との思いを語る。満開の桜の下、長い滑り台を一緒に降りる齋藤さん親子の笑顔が印象的だ。

 千葉県流山市でカフェを開く春日井いつ子さんは、樋野さんの「使命感があれば寿命は延びる」という言葉をプレゼントととらえ、前向きに運営している。

 野澤和之監督は友人のプロデューサーの勧めで樋野さんの講演を聞き、映像化を決めた。

 「樋野先生の本を読んだり、カフェを訪問したりして、このような試みは必要になるな、ドキュメンタリーにしようと思った」

 製作を進めていた28年、監督自身に大腸がんが見つかった。

 「自分ががんになり、樋野先生の本を改めて手に取ると、その言葉に励まされた。それまで樋野先生のドキュメンタリー映画にしようと考えていたが、『言葉』を中心に据えるものに変え、ストーリーを練り直した」

 登場するがん患者は「がん患者」である前に、一人の人間として丁寧に描かれる。医師も患者も対等に話す。誇張も無理もない、ありのままの、病と生きる人間の姿がある。高校生のがん患者が父親に「リハビリをしない」と苦言を呈される場面など、思わず笑ってしまう。

 2人に1人ががんになる時代。がんとどう向き合うか、考える大きなよすがになる。

 新宿武蔵野館のほか、5月11日から名古屋シネマスコーレ、6月8日から大阪市の大七藝術劇場など。上映予定はhttps://kotobanosyohousen.wixsite.com/website。

引用:「がんと生きる 言葉の処方箋」 がん患者の対話カフェを映像化

PC ネット初心者も安心サポート
マイビジネスの申し込み増加などを実現
メルマガ・ステップメール簡単作成・配信ツール
VPS-NEO

NEO-VPS