タグ別アーカイブ: FX

FX為替取引の準備

FXを開始する際にはまず何をすべきでしょう。

FX為替を扱っている業者は、最近ますます増えています。

株やFX取引を利用する時には、特に違法すれすれな会社には注意しなければなりません。

会社としてのモラルに欠けるところに虎の子の資産を預けていたら、気づけばお金が消えてなくなってしまっていたということもあります。

信頼性のおける業者か調べるためには、自己資本規制比率や資産の保全状況、そして金融庁に金融会社としての登録がなされているかを見てみましょう。

取引会社を選択したら、デモトレードで実際の取引の雰囲気を掴みます。

実際のお金の代わりにバーチャルマネーを使い、実際の為替レートによって模擬的な売買をするオンラインサービスがデモトレードです。

予備知識なしにFX取引を開始しようとしても、初めのうちは何かとわからないことも多いでしょう。

1度デモトレードをやってみると、要領がわかります。

デモトレードで基本的な操作をいろいろと覚えてからリアルトレードに以降することで、スムーズに進めることが可能になります。

FXをする人の中には、デモトレードでできていたことが本番ではできないという方もいます。

バーチャルマネーを使うデモトレードは架空の売買ですので、

思い切った判断や大きな決断をプレッシャーを感じるにできるといいます。

FXのデモトレードを経験する時には、実際の為替取引とできるだけ似たコンディションで行うといいでしょう。

FXと為替レート

FX取引を行う際には、為替相場が成否の鍵を握っています。

為替レートとは、ある国ともう一つの国の貨幣を取引する時の比率です。

為替レートは、国同士の貿易関係や金利などによって変わっています。

為替の変動状況を見極めて、売買取引で差益が出るようにすることが、FXで資産をふやしていくためには必要になります。

FXは相対取引と言われる取引形態をとっており、為替レートや数量が一定条件を満たした時に成立しています。

FXの相対取引は、世界各国のマーケットで常に行われています。

為替レートとは一つではなく、通貨と通貨の組み合わせ毎に存在います。

為替の相場には決まったものはなく、経済情勢などで常に変動しています。

どれだけの人がその貨幣を必要としているか、幾らぐらいの値段をつける用意があるかなどでその貨幣の価値は決まります。

状況によっては、今すぐユーロを売却したいので、条件が不利になっても構わないと考える人もいるのではないでしょうか。

その逆に、ユーロが欲しいけれど、レートが下がるまで腰を据えて待つつもりがあるという方もいます。

為替レートはFXでは非常に重要な意味合いがありますが、実際の売買ではそのレートとは限らないようです。

FX為替取引とは

FXとは、外国為替証拠金取引のことをいいます。

為替レートの変動を利用して外貨取引をすることで、為替差益を得る取引のことです。

ユーロ/円の取引ならば、ユーロが安い時に買い、高い時に売ることで日本円をふやすことが可能です。

FXを行う場合、金利差によるスワップポイントもメリットの一つです。

例えば、ニュージーランドドルが金利4%、日本円の金利が1%だった場合、この二国間の金利の差がスワップポイントとなります。

ニュージーランドドルを保有している間、金利差3%ぶんがスワップポイントとして加算されるという仕組みなわけです。

FXをしている人によっては、為替差益を狙うより、むしろこのスワップ金利をあてにしているという方もいるようです。

FXのメリットは、スワップと取引差益の2方面から利益が出せるところです。

FXが人気な理由は、この他にも存在していると言われています。

FXは、初期投資がさほど多くなくても、利用できるという利点があります。

FXには、証拠金を取引業者に入れることでその何倍もの売買取引が可能になる、レバレッジというものがあります。

平日であれば、24時間どんな時でも取引ができるという点もFXのいいところです。

FXは自分の時間的余裕がある時に、ネット環境があればどこからでもできるので、ビジネスマンや主婦層も為替取引をしています。

為替相場の推移予測

FXで利益を出すには、為替相場の推移を予測する必要があります。

為替の推移状況を把握することは、FXをするに当たっては重要です。

FXをする人は年々増加しています。

基本的に、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析という二種類の分析手段で為替の推移を知ります

為替相場とは、通貨の需要と供給に応じて決まるものであるという前提がファンダメンタルズ分析の大もとです。

経済のファンダメンタルズに応じて需要が決定されるという考え方で、為替レートを理解するというものです。

ファンダメンタルズとは、経済の基本的な前提ということです。

通貨を発行している国の経済情勢がどのようなものかであり、失業率、経済成長率、金利、国際収支などのデータから知ることができます。

為替の相場は、必ずしも経済指標の内容と合わせて動いているわけではありません。

しかし、常時変わっていく為替は、経済の動きと切っても切れない関係にあります。

物価が上がれば上がるほど、通貨の価値は下がるというものの見方もあります。

物価上昇率が為替の推移に関与しているわけです。

通貨自体の価値が下がれば、他国と比較しての相対的な価値も下がり、為替に影響します。

結果的に、物価上昇率の高い通貨は下がる傾向にあり、物価上昇率が低い通貨は価値が上昇するわけです。為替の推移を知るには、物価上昇率も参考になるでしょう。

為替相場推移の見方

FXの取引に参加している人にとって、為替推移を知ることはとても大事なことといえます。

どのような推移をたどっていくかを知るためには、為替の動きに関するある程度の知識を持っておくことです。

様々な理由で、為替相場は常に揺れうごいています。

為替への影響力があるものについて知ることで、推移を予測することができます。

為替レートの推移をグラフ化し、そのグラフから将来的な流れを読み取るという方法もあります。

この方法にも様々なやり方があります。

為替相場が、一定の範囲を上下しているように見える状況をボックス圏といいます。

為替が上下どちらに推移していくかわかりにくい状況です。

取引のタイミングは、上値と下値を推測して決めることになります。

ボックス圏に近い動きをしつつも、抵抗線や支持線を越えていくものをフラッグ型と呼んでいます。

抵抗線の上値を更新していくかどうかが、フラッグ型での注目点となります。

相場の転換点に指し掛かっている時は、レートの変動が小刻みになり、推移自体が小さくなってくるといいます。

為替の相場は、チャートの形状を様々な角度から分析することによってわかったりもします。

ただし、為替レートの推移をチャートからわかるようになるには、経験が必要となります。

色々な為替チャート表を見たり、推移の予測方法を理解することによって、為替レートが理解できるようになります。

為替チャートで流れを読む

FXや外国為替取引の基礎となるものが、為替チャートというものです。

図で見やすいように為替の値動きを表しているのが為替チャートですが、予想することがその目的で値動きを見ることではありません。

単に為替チャートを読むことができるだけでは、為替チャートは見通しを立てるものなので無意味だといえるでしょう。

現段階でレートが上昇基調なのか下降基調なのかを分かるために、為替チャートを活用するのです。売り方が強いか、買い方が強いかというのは大事な判断材料だといえるでしょう。

次から値動きの流れが今までと反対側に動く場合があるのが、売りと買いの勢いが同じという時です。

反発する箇所やどんなところで値動きが起きるかが、だいたいの流れをつかむことで理解できるようになります。

単にチャートを読んでいくだけで利益を得られるようになるには、為替チャートの分析方法を徹底すれば良いのです

みんな同じ通貨に投資している人は同じ為替チャートを見て値動きの予測をしているといえます。値動きが今後とうなるかということを考える場合、みな似たような答えを出すでしょう。

おおかたの動きを予測するこで、すみやかに損きりしたり、早めに効果のある売買をする判断ができるようになります。

為替チャートを何度も分析していけば、為替の流れをつかむことができるようになってくるでしょう。

為替チャートの読み方

FX初心者であれば、為替チャートをどう読むかは難しいと感じるのではないでしょうか。

チャートの形を見たことが無いこともあり、知識が無い人にとっては読み取り方が分からないのではないでしょうか。

為替チャートのグラフは、時間を区切って為替の値動きがどう変わるかを表したものです。

一目でわかるように為替レートはどんなふうに推移したかを図に表しているので、読み方をマスターすれば非常に便利です。

よく為替チャートとして使われているのが、始値・終値・高値・安値で作られているローソク足と呼ばれるものです。

胴体とヒゲと呼ばれる部分が一つのローソクにはあるそうでう、一目で相場の動きがわかるように色分けされた胴体が特徴です。

期間によっていろいろ種類があるのが、ローソク足チャートの特徴です。日足、週足、月足などの種類が為替レートにはあるようで、1日のレートでローソクを書くもの、週のレートで書くもの、1か月のレートで書くものに分かれています。

不可欠なのは、自分がどんな投資をするかによってうまく利用することです。

だいたいの流れは月足チャートで予想し、基本的には日足チャートを見るようにしましょう。

1分足から5分足チャートを使うのは、チャートの動きを見てすぐに判断をしなければならないデイトレードです。

投資が長期にわたる場合には、短期間の値動きを意識する必要はありません。

短期為替チャートの推移については、相場が変わるときに気を付けて見ておくようにしましょう。