タグ別アーカイブ: 金利

有担保の事業ローンについて

借り入れの条件として借りる金額と同等の不動産などの担保を提供するのが、有担保の事業ローンというものです。

借入金が返せないという状況に万が一なった時には、その借入金の弁済を担保を使ってするというものです。

事業ローンの中での有担保のメリットは、借入額の上限が高いうえに金利が安いということです。

まとまった金額をある程度借りる場合、特にこの金利というのは重要になります。

たとえば事業ローンの金利が年5%と、年8%の2種類のローンがある場合です。

1千万を10年で返す場合だと例えば月額の支払い金額で1万5千円もの開きがありますので、3%程度は、あまり大差ないように感じるかもしれませんが実はそうでもないのです。

これが年間にすると18万円ということになります。金利は安ければそのほうが良いに決まっているのです。

事業ローンを利用する際は、大切な比較ポイントとなります。

すでに開業している場合は直近の決算書の提出が必要となりますが、新たに事業ローンを申し込む場合、借りることが出来るかどうかの審査があるようです。

新規の開業資金として事業ローンを申し込む場合は、事業計画書や経営改善計画書などの提出が必要です。

審査も比較的簡単というメリットもあり、短時間で借りることが出来るというのが、ノンバンク系の金融機関です。

おすすめなのは、事業ローンにはそれぞれメリットとデメリットがあるので、両方を踏まえて上手に使うようにすることです。

ローンと金利

ローンを借りる際に最も気になるのは、やはり金利がどうなるかではないでしょうか。

住宅を購入するローンのように借りる金額が大きいものになればなるほど、わずかな金利の差であっても返済総額に大きく響いてくることになります。

結婚したり子供が生まれることで家族構成が変わることで、新しく自宅を購入したいと考える人は多いと思います。

家を建てる場合、頭金の準備のほか、残りの支払い部分を扱うローンについてもどこの金融機関から借りるかや金利などをしっかり調べる必要があります。

ローンを組む際に特に注意すべき点は、ただ金利の数字だけではありません

借りた額は同じでも、金利の利率や種類がちがうと月々の返済額が変わってきます。

金利にも種類があります。大きく分ければ固定金利と変動金利です。

その他にも、ローンでお金を貸してくれる金融機関ごとに、利率が少しずつ違います。

固定金利にも変動金利にも利点と欠点があるため、どういった種類にするのかを決めるのは結構難しいものです。

新規に自宅を購入する際には、借り入れする金額も大きくならざるを得ず、長い年月をかけて返すことになるので、悩みどころかと思います。

融資を受ける際の手続きを見ても、高額借り入れとなるため複雑で、たくさんの書類を金融機関に提出せねばなりません。

ローンを検討する際には、単に金利の多寡を見るだけでは足りません。

繰り上げ返済が可能かどうか、担保や保証人はどうかなど、気をつけなければならない点がいくつもあります。

用意できる頭金が決まったら、ローンでまかなう部分についての計画を立てましょう。

月々の返済金額と返済期間をきちんと把握し、金利を選択することが必要です。

リフォームローンの金利

リフォームローンはローン、つまり借金です。

したがって金利がかかり、ローン元本のほかに返済する必要があります。

リフォームローンの金利はさまざまに設定されています。

融資を受ける会社によっても変わりますし、固定型か変動型かによっても変わります。

銀行系の金融会社は一般の金融会社よりも低い金利をつけているのは、通常の住宅ローンなどと同じです。

昨今は不景気と言うことで競争が激しいため、銀行系でない金融会社であってもリフォームローンの金利を下げているところも見られるようです。

リフォームローンにもさまざまなものが増えていますので、金利や申し込みやすさなどを事前に比べていくつか候補を出しておくことです。

また、申し込むローンが固定金利型なのか変動金利型なのかも重要な視点です。

固定金利型であれば、最初に設定した金利が最後まで変わらないわけですので、返済総額を計算することができます。

このため、返済の計画がしやすい点で優れています。

変動型ローンの場合、リフォームローンで支払う金利は返済中であっても変化します。

金利が上がった婆合い、返済総額は増えてしまいます。金利が下がれば返済額は減り、上がれば増えることになります。

変動型ローンの場合、初期の金利で返済をした時とは最終返済額が変化する可能性が高く、最終的にどれだけ返済すればいいかや途中の返済計画が見えにくいという欠点を持っています。

このように、一口に金利と言っても大きく影響してくるので、リフォームローンを組む際には慎重に検討して下さい。