タグ別アーカイブ: 返済プラン

消費者金融でキャッシングを利用する

消費者金融でキャッシングを利用するときに、最も気をつけていただきたいのは借り入れ過多です。

次から次へと消費者金融をはしごしてキャッシングしたのは良いものの、返済時に頭を抱えるようでは計画的な借り入れとは言えません。

ましてや借り逃げを前提に消費者金融からキャッシングを行うのはとても感心出来ません。

近年ではキャッシング融資までの手続きが手軽になってきてはいますが、かといって返済手段まで楽になったわけではないのです。

キャッシング融資を受ける際には、必要な金額だけを借りること、自分の収入内で返済にあてる金額をきちんと確保することが前提です。

確実性をもって返済できるのか、借りずに済ませる方法はないのか、よく考えましょう。

融資を受けるか受けないか、それくらいは考える間はあるでょう。

少しくらいなら、相手は待ってくれます。

自分の退路を自分で断ってしまわぬよう、消費者金融会社で借入手続きに入る前にはもう一度返済プランを検証してください。

金銭に対する気構えをしっかり持ち、借入に臨む際は絶対に返済する金銭だという認識を持ちましょう。

いざ返済不可能となった時には、誰に迷惑が掛かってしまうのかということも覚えておきましょう。

もしも仮に今、借りたばかりのお金が消えてしまっても、借入金の返済は必ずしなければならないのです。

無担保の事業ローンについて

一般的に事業ローンで多いのは、第三者の保証人がいらない、そして無担保というものです。

当たり前のことですが、金額にもよります。

住宅ローンなどに比べると、審査に必要な書類なども比較的少なく、お金を短期間で借りることが可能です。

担保として不動産や預金などを提供する必要がなくお金を借りられるのが、無担保のメリットだといえるでしょう。

無担保ローンは有担保事業ローンと比較すると金利が高く、借り入れ金額も少なくなります。

さらにマイナス面としては、最長借り入れ期間が短いなどがあります。

ローンを無担保にするかどうかの決定は、返済プランや、資金などを、事業ローンを組む場合にはよく考えてからにしましょう。

ノンバンク系と銀行系との二つに分けることが出来るのが、事業ローンを組む場合です。

銀行系のメリットというのは、金利が低く返済期間も長めに設定できることが多いということです。

反対に審査に時間がかかることが多いため、すぐに必要な場合は間に合わないという事態になることもあります。

銀行系に比べると金利が高く、借りられる金額も少ないですが、審査の時間が短く、短時間でお金を借りることが出来るのが、ノンバンク系です。

実際に事業ローンを組む場合は自分の用途に合わせて、担保ありか、担保なしかを選択しましょう。