FXと為替レート

FX取引を行う際には、為替相場が成否の鍵を握っています。

為替レートとは、ある国ともう一つの国の貨幣を取引する時の比率です。

為替レートは、国同士の貿易関係や金利などによって変わっています。

為替の変動状況を見極めて、売買取引で差益が出るようにすることが、FXで資産をふやしていくためには必要になります。

FXは相対取引と言われる取引形態をとっており、為替レートや数量が一定条件を満たした時に成立しています。

FXの相対取引は、世界各国のマーケットで常に行われています。

為替レートとは一つではなく、通貨と通貨の組み合わせ毎に存在います。

為替の相場には決まったものはなく、経済情勢などで常に変動しています。

どれだけの人がその貨幣を必要としているか、幾らぐらいの値段をつける用意があるかなどでその貨幣の価値は決まります。

状況によっては、今すぐユーロを売却したいので、条件が不利になっても構わないと考える人もいるのではないでしょうか。

その逆に、ユーロが欲しいけれど、レートが下がるまで腰を据えて待つつもりがあるという方もいます。

為替レートはFXでは非常に重要な意味合いがありますが、実際の売買ではそのレートとは限らないようです。

FX為替取引とは

FXとは、外国為替証拠金取引のことをいいます。

為替レートの変動を利用して外貨取引をすることで、為替差益を得る取引のことです。

ユーロ/円の取引ならば、ユーロが安い時に買い、高い時に売ることで日本円をふやすことが可能です。

FXを行う場合、金利差によるスワップポイントもメリットの一つです。

例えば、ニュージーランドドルが金利4%、日本円の金利が1%だった場合、この二国間の金利の差がスワップポイントとなります。

ニュージーランドドルを保有している間、金利差3%ぶんがスワップポイントとして加算されるという仕組みなわけです。

FXをしている人によっては、為替差益を狙うより、むしろこのスワップ金利をあてにしているという方もいるようです。

FXのメリットは、スワップと取引差益の2方面から利益が出せるところです。

FXが人気な理由は、この他にも存在していると言われています。

FXは、初期投資がさほど多くなくても、利用できるという利点があります。

FXには、証拠金を取引業者に入れることでその何倍もの売買取引が可能になる、レバレッジというものがあります。

平日であれば、24時間どんな時でも取引ができるという点もFXのいいところです。

FXは自分の時間的余裕がある時に、ネット環境があればどこからでもできるので、ビジネスマンや主婦層も為替取引をしています。

為替相場の推移予測

FXで利益を出すには、為替相場の推移を予測する必要があります。

為替の推移状況を把握することは、FXをするに当たっては重要です。

FXをする人は年々増加しています。

基本的に、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析という二種類の分析手段で為替の推移を知ります

為替相場とは、通貨の需要と供給に応じて決まるものであるという前提がファンダメンタルズ分析の大もとです。

経済のファンダメンタルズに応じて需要が決定されるという考え方で、為替レートを理解するというものです。

ファンダメンタルズとは、経済の基本的な前提ということです。

通貨を発行している国の経済情勢がどのようなものかであり、失業率、経済成長率、金利、国際収支などのデータから知ることができます。

為替の相場は、必ずしも経済指標の内容と合わせて動いているわけではありません。

しかし、常時変わっていく為替は、経済の動きと切っても切れない関係にあります。

物価が上がれば上がるほど、通貨の価値は下がるというものの見方もあります。

物価上昇率が為替の推移に関与しているわけです。

通貨自体の価値が下がれば、他国と比較しての相対的な価値も下がり、為替に影響します。

結果的に、物価上昇率の高い通貨は下がる傾向にあり、物価上昇率が低い通貨は価値が上昇するわけです。為替の推移を知るには、物価上昇率も参考になるでしょう。

為替相場推移の見方

FXの取引に参加している人にとって、為替推移を知ることはとても大事なことといえます。

どのような推移をたどっていくかを知るためには、為替の動きに関するある程度の知識を持っておくことです。

様々な理由で、為替相場は常に揺れうごいています。

為替への影響力があるものについて知ることで、推移を予測することができます。

為替レートの推移をグラフ化し、そのグラフから将来的な流れを読み取るという方法もあります。

この方法にも様々なやり方があります。

為替相場が、一定の範囲を上下しているように見える状況をボックス圏といいます。

為替が上下どちらに推移していくかわかりにくい状況です。

取引のタイミングは、上値と下値を推測して決めることになります。

ボックス圏に近い動きをしつつも、抵抗線や支持線を越えていくものをフラッグ型と呼んでいます。

抵抗線の上値を更新していくかどうかが、フラッグ型での注目点となります。

相場の転換点に指し掛かっている時は、レートの変動が小刻みになり、推移自体が小さくなってくるといいます。

為替の相場は、チャートの形状を様々な角度から分析することによってわかったりもします。

ただし、為替レートの推移をチャートからわかるようになるには、経験が必要となります。

色々な為替チャート表を見たり、推移の予測方法を理解することによって、為替レートが理解できるようになります。

為替予測に役立つもの

しっかりとした為替の予測が、為替相場において外国通貨を取り引きする場合にはたいへん大事なものとなります。

為替相場の動向はきちんとチェックするようにしましょう。

相場の予測に失敗すると、利益を得るどころか損を出してしまう可能性もあるためです。

実際に為替の予測を立てる際に、利用できるサービスにはどのようなものがあるのでしょうか。

投資先の通貨を発行している国家の経済情勢を調べなければ、外貨に投資をするのは危険です。

投資する通貨に関する以外にも、世界の主要な国家についての情報も大事です。

アメリカやEUなどの経済情勢は知っておきましょう。

各国の金融政策や為替政策などは特に大事です。

また、政治動向や景気の状態、貿易収支にも注意を払いましょう。

目を向けるべき世界の動きはさまざまです。

例えば、アメリカ大統領選挙、中国やイラクの経済や政治情勢などです。

為替相場の将来の値動きを予測するには、国内総生産額、民間設備投資、雇用統計の数字などを見ることです。

そういった情報はインターネットやテレビ・ラジオなどのニュース、新聞や雑誌などから手に入れることができますが、おすすめは日本経済新聞です。

日経新聞のマーケット総合一面には、為替レートだけでなく株式の取引に関してやりとりされているさまざまな情報が紹介されています。

為替市場の将来的な動きについての解説やコラムなど、為替の動きを予測する際に参考にできる記事が数多く記載されているのです。

日経新聞をうまく活用して、為替相場の予測を立ててみてはどうでしょうか。

ページの先頭へ