タグ別アーカイブ: 消費者金融系カードローン、銀行系カードローン

信販系カードローンの基礎知識

信販系カードローンというのはどんなものなのでしょうか。

まずはじめに、割賦販売法には信販会社の狭義の定義はどうなっているのでしょうか。

信販会社とは、総合割賦購入あっせん業者と呼ばれる金融業者の事をいい、加盟店から分割払いで購入できる様なクレジットカードを発行する会社です。

信販会社がカードを発行するには条件があります。

それは割賦購入あっせん業者登録簿に登録を受けた法人でなければならないということです。

近頃では、大手信販会社の主力業務は、債権買取契約つまり個品割賦購入あっせん契約といわれるものなのです。

どんな人でも自由に開業出来るのが、個品割賦購入あっせん契約というものです。

割賦販売の取扱を、小売店と消費者の間に存在して行う業者を総称して、信販会社と呼ぶ場合もあります。

またカードローンというのは、指定された銀行口座を通じ、クレジットカードやキャッシュカードを利用してCDやATM等からある一定の限度額の範囲内で自由に繰り返し借りる事が出来る融資のことを指します。

ほとんど返済方法はカードローンの場合、一括払いにはなりません。

だいたいが分割払い、リボルビング払いということになります。

カードローンは、消費者金融系カードローン、銀行系カードローン、が信販系の他にはあります。

信販系カードローンの特徴は、低金利な商品や大口融資可能な商品が多いということではないでしょうか。