タグ別アーカイブ: 外国為替証拠金取引

FX為替取引とは

FXとは、外国為替証拠金取引のことをいいます。

為替レートの変動を利用して外貨取引をすることで、為替差益を得る取引のことです。

ユーロ/円の取引ならば、ユーロが安い時に買い、高い時に売ることで日本円をふやすことが可能です。

FXを行う場合、金利差によるスワップポイントもメリットの一つです。

例えば、ニュージーランドドルが金利4%、日本円の金利が1%だった場合、この二国間の金利の差がスワップポイントとなります。

ニュージーランドドルを保有している間、金利差3%ぶんがスワップポイントとして加算されるという仕組みなわけです。

FXをしている人によっては、為替差益を狙うより、むしろこのスワップ金利をあてにしているという方もいるようです。

FXのメリットは、スワップと取引差益の2方面から利益が出せるところです。

FXが人気な理由は、この他にも存在していると言われています。

FXは、初期投資がさほど多くなくても、利用できるという利点があります。

FXには、証拠金を取引業者に入れることでその何倍もの売買取引が可能になる、レバレッジというものがあります。

平日であれば、24時間どんな時でも取引ができるという点もFXのいいところです。

FXは自分の時間的余裕がある時に、ネット環境があればどこからでもできるので、ビジネスマンや主婦層も為替取引をしています。

為替の予測方法

外国為替証拠金取引を手がけている人が増えてきていますが、その際に大変大事になってくることとして、今後の為替相場の予測があります。

適切な予測をすることができなかった場合、利益のでる取引は難しいでしょう。

将来の為替相場の動きを予測するのは困難です。

それでも、それなりに予測を立てるにはどうすればいいでしょうか。

ドル円レートが80円台となったような為替相場はドルが安すぎますし、130円台となったような場合ドルが高すぎると感じる人も多いと思います。

1ドル80円だとドル安すぎるとされるのはどうしてなのでしょうか。

納得のいく答えを明確に言える人はなかなかいないと思います。

レートに関する知識を持ち、適正な水準というものを知っていれば、相場が高くなっているのか安くなっているのかが分かります。

こうした疑問点をきちんとした形で解決しようと考えられてきた考え方が、為替相場決定理論です。

通貨の価値基準となるのは、その通貨に対する需給バランスです。

経済のファンダメンタルの観点から、通貨のnoによって通貨の需給を為替相場決定理論というのは、基礎的諸条件と呼ぶこともあるファンダメンタルは、経済活動の実態そのものを表したものです。

経済成長率、インフレ率、金利水準、国際収支、失業率などがそれに当たります。

通貨は国が発行するわけですが、その経済的な力がどれほどであるかを示したものです。

為替相場を予測するにあたっては、ファンダメンタルに現れる情報をよく見ることが大切です。