為替スワップポイント

外国為替取引には、スワップという形があります。

決済日を自動的に伸ばすことができるという特性を持っているようです。

スワップポイントというものがあることが、スワップ取引の特性です。

どういったもののことを言うものなのでしょうか。

為替スワップ取引の結果、金利の高い通貨を買い、金利の低い通貨を売った場合、高い金利ぶんの利益を得ることができることになります。

ドル円でスワップ取引をした場合、金利の差がスワップぶんとして調整され、ポジションを持ちこす形になります。

より正しくいえば、スワップ取引の反対側の金額とあわさった上で、差分が資産につけ加えられたということになるわけです。

スワップ益にひかれて、個人投資家の多くはロング買いを継続するという傾向があるようです。

軽々しく行動する前に、金利とはどういったものかにも注意を向けましょう。

返済能力がある企業は銀行からの融資も低い金利で利用できますが、貸し倒れリスクが高いと見込まれた企業は高金利でしか融資は受けられません。

為替レートと金利の関係も、それと同じものです。

金利が高い通貨は欲しがる人が減って、結果的に通貨の価値が下がります。

大きな流れと反対方向の動きであることは、高金利通貨を持つ場合は覚悟しましょう。

流れに巻き込まれたら大変なことになります。高い金利にひかれて通貨を買い、長期的にうまくいかなかった例もあります。

売りと買いが同条件になるよう均衡がとれているのが外貨取引ですから、スワップポイントで得をするためには注意が必要です。

為替スワップ取引を行う場合は、よく理解しておくことが大事です。

為替スワップとは

スワップとは、外国為替取引の種類のうちの一つで、この他に直物と先物があります。

外国為替のスワップ取引とは、一体どんなこともを指すのでしょう。

外国為替を利用して取引の中でも半分がスワップ取引で行われており、最も多い取引量となっています。

スワップ取引を行う場合、複数の取引を合わせて同時に行います。

同じ先物でも期日が違うものや、直物と先物など条件の違う物同士となります。

スワップ取引とは、もともとは外貨を調達するために行われていました。

円とドルによるスワップ取引を行うとどうなるでしょうか。

まず、二営業日後に資金の決済日があるドルを買うために、円を売るとします。

この場合、二日後にドルを得て、円を払います。

その上で、決済日が一カ月先と決まっているドル売り円買いの取引を行えば、円を得て、ドルを払う形になります。

期間を区切ってドルを持っていたいという場合、このような取引が意味があります。

このような形で通貨を保有する場合、金利も重要です。

仮に円が金利1%、ドルが金利6%なら、円を持っていた側は金利的に不利です。

金利ぶんは、スワップ取引の中で調節できるよう金額が設定されています。

高い金利を手放しても、金利差ぶんの損が出ないようにしているわけです。

この時に生じるスワップよる価格差が、スワップポイントとなります。

売りと買いの取引を組み合わせて行うために、スワップ取引は為替リスクが置きにくくなっています。

為替チャートで流れを読む

FXや外国為替取引の基礎となるものが、為替チャートというものです。

図で見やすいように為替の値動きを表しているのが為替チャートですが、予想することがその目的で値動きを見ることではありません。

単に為替チャートを読むことができるだけでは、為替チャートは見通しを立てるものなので無意味だといえるでしょう。

現段階でレートが上昇基調なのか下降基調なのかを分かるために、為替チャートを活用するのです。売り方が強いか、買い方が強いかというのは大事な判断材料だといえるでしょう。

次から値動きの流れが今までと反対側に動く場合があるのが、売りと買いの勢いが同じという時です。

反発する箇所やどんなところで値動きが起きるかが、だいたいの流れをつかむことで理解できるようになります。

単にチャートを読んでいくだけで利益を得られるようになるには、為替チャートの分析方法を徹底すれば良いのです

みんな同じ通貨に投資している人は同じ為替チャートを見て値動きの予測をしているといえます。値動きが今後とうなるかということを考える場合、みな似たような答えを出すでしょう。

おおかたの動きを予測するこで、すみやかに損きりしたり、早めに効果のある売買をする判断ができるようになります。

為替チャートを何度も分析していけば、為替の流れをつかむことができるようになってくるでしょう。

ページの先頭へ