就職活動で成功する面接

就職活動で成功するための面接で重要となるのは自信と熱意です。面接でのマナーや、履歴書の書き方ももちろん大事なことですが、マニュアルがそのまま実社会で通用する訳とはいえません。

志望の熱意をきちんと伝えるためには、明るい態度やハキハキした答え方をしましょう。

マニュアル通りの就職活動では、人事の方に熱意を伝えることはできないからです。

社交性が有るか無いかだけではなく、自分に自信が無いと態度に表れてしまうでしょう。

はじめて自信があって、熱意を伝えることが可能なのです。ですが自信というものは、自己理解があってこそ成立するものです。

ただし根拠の無い自信は単なる誇大妄想でしかありませんので、自信と熱意は自分を見失わないためにも、就職活動には欠かすことのできないものなのです。

それだけではなく、この会社でなにが出来るのか、どう役に立ってくれるのかという点が、就職活動の面接で人事担当者が注目するところです。

そこで就職マニュアル通りの答えばかりしていては、採用してもらうのは厳しいといえます。

志望企業をしっかりと調べることで、自分の仕事に対する考え方を見つめることで、面接で人事担当者に伝えるべき方向性は自ずと浮かび上がってくるものです。

将来のビジョンも、就職活動中に自分を見つめ直すことによって見えてくるかもしれません。

そのようにはっきりした将来のビジョンは、就職活動に成功して入社した後でも、役立つに違いないのです。

焦りや劣等感に就職活動中は悩んでしまうこともあるかも知れませんが、はっきりとしたビジョンがあれば自信がついて熱意も伝わるに違いありません。

就職活動は、自信と熱意があれば必ず乗り切れるのではないでしょうか。

ページの先頭へ