為替相場の推移予測

FXで利益を出すには、為替相場の推移を予測する必要があります。

為替の推移状況を把握することは、FXをするに当たっては重要です。

FXをする人は年々増加しています。

基本的に、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析という二種類の分析手段で為替の推移を知ります

為替相場とは、通貨の需要と供給に応じて決まるものであるという前提がファンダメンタルズ分析の大もとです。

経済のファンダメンタルズに応じて需要が決定されるという考え方で、為替レートを理解するというものです。

ファンダメンタルズとは、経済の基本的な前提ということです。

通貨を発行している国の経済情勢がどのようなものかであり、失業率、経済成長率、金利、国際収支などのデータから知ることができます。

為替の相場は、必ずしも経済指標の内容と合わせて動いているわけではありません。

しかし、常時変わっていく為替は、経済の動きと切っても切れない関係にあります。

物価が上がれば上がるほど、通貨の価値は下がるというものの見方もあります。

物価上昇率が為替の推移に関与しているわけです。

通貨自体の価値が下がれば、他国と比較しての相対的な価値も下がり、為替に影響します。

結果的に、物価上昇率の高い通貨は下がる傾向にあり、物価上昇率が低い通貨は価値が上昇するわけです。為替の推移を知るには、物価上昇率も参考になるでしょう。

テクニカル分析で為替予測

外国為替証拠金取引をする際には、為替予測がどうしても必要です。

利益を上げるために為替の予測をする方法はいくつもありますが、特にテクニカル分析の手法を身につければよいでしょう。

実際のところ、為替相場の予測を勘に頼って行なっている人も多くいますが、利益を上げるのが難しくなります

取引をして行くにあたって、テクニカル分析を利用すれば決まった法則を利用できるようになります。

テクニカル分析を行なうにあたっては、為替レートの過去の推移をグラフ化したデータであるチャートを基礎データとして利用します。

チャートを見ることで、為替相場に現在時点で影響を与えている値動きの要因を知ることができます。

経済指標の発表などの過去の時点における変動要因が為替レートにもたらした影響をすべて見ることができるのです。

チャートを用いて為替レートに法則性を見つけ、将来の値動きを予測するのがテクニカル分析です。

テクニカル分析の特徴は為替レート予測のイメージがつかみやすいことです。チャートという形で為替の情報を見ることになりますので、変動要因がもたらす結果を目で見て確認できます。

とはいえ、テクニカル分析を用いて為替予測を立てる場合には注意点があります。

チャートは過去の数字を示したものに過ぎないという点です。

チャートとしていま現れている結果は、過去の変動要因に対してマーケットが選択した道の一つに過ぎないのです。

テクニカル分析で行なった為替予測の結果については自分で引き受けねばなりません。

ページの先頭へ