為替スワップポイント

外国為替取引には、スワップという形があります。

決済日を自動的に伸ばすことができるという特性を持っているようです。

スワップポイントというものがあることが、スワップ取引の特性です。

どういったもののことを言うものなのでしょうか。

為替スワップ取引の結果、金利の高い通貨を買い、金利の低い通貨を売った場合、高い金利ぶんの利益を得ることができることになります。

ドル円でスワップ取引をした場合、金利の差がスワップぶんとして調整され、ポジションを持ちこす形になります。

より正しくいえば、スワップ取引の反対側の金額とあわさった上で、差分が資産につけ加えられたということになるわけです。

スワップ益にひかれて、個人投資家の多くはロング買いを継続するという傾向があるようです。

軽々しく行動する前に、金利とはどういったものかにも注意を向けましょう。

返済能力がある企業は銀行からの融資も低い金利で利用できますが、貸し倒れリスクが高いと見込まれた企業は高金利でしか融資は受けられません。

為替レートと金利の関係も、それと同じものです。

金利が高い通貨は欲しがる人が減って、結果的に通貨の価値が下がります。

大きな流れと反対方向の動きであることは、高金利通貨を持つ場合は覚悟しましょう。

流れに巻き込まれたら大変なことになります。高い金利にひかれて通貨を買い、長期的にうまくいかなかった例もあります。

売りと買いが同条件になるよう均衡がとれているのが外貨取引ですから、スワップポイントで得をするためには注意が必要です。

為替スワップ取引を行う場合は、よく理解しておくことが大事です。

ページの先頭へ