タグ別アーカイブ: スワップ

FX為替取引とは

FXとは、外国為替証拠金取引のことをいいます。

為替レートの変動を利用して外貨取引をすることで、為替差益を得る取引のことです。

ユーロ/円の取引ならば、ユーロが安い時に買い、高い時に売ることで日本円をふやすことが可能です。

FXを行う場合、金利差によるスワップポイントもメリットの一つです。

例えば、ニュージーランドドルが金利4%、日本円の金利が1%だった場合、この二国間の金利の差がスワップポイントとなります。

ニュージーランドドルを保有している間、金利差3%ぶんがスワップポイントとして加算されるという仕組みなわけです。

FXをしている人によっては、為替差益を狙うより、むしろこのスワップ金利をあてにしているという方もいるようです。

FXのメリットは、スワップと取引差益の2方面から利益が出せるところです。

FXが人気な理由は、この他にも存在していると言われています。

FXは、初期投資がさほど多くなくても、利用できるという利点があります。

FXには、証拠金を取引業者に入れることでその何倍もの売買取引が可能になる、レバレッジというものがあります。

平日であれば、24時間どんな時でも取引ができるという点もFXのいいところです。

FXは自分の時間的余裕がある時に、ネット環境があればどこからでもできるので、ビジネスマンや主婦層も為替取引をしています。

為替スワップとは

スワップとは、外国為替取引の種類のうちの一つで、この他に直物と先物があります。

外国為替のスワップ取引とは、一体どんなこともを指すのでしょう。

外国為替を利用して取引の中でも半分がスワップ取引で行われており、最も多い取引量となっています。

スワップ取引を行う場合、複数の取引を合わせて同時に行います。

同じ先物でも期日が違うものや、直物と先物など条件の違う物同士となります。

スワップ取引とは、もともとは外貨を調達するために行われていました。

円とドルによるスワップ取引を行うとどうなるでしょうか。

まず、二営業日後に資金の決済日があるドルを買うために、円を売るとします。

この場合、二日後にドルを得て、円を払います。

その上で、決済日が一カ月先と決まっているドル売り円買いの取引を行えば、円を得て、ドルを払う形になります。

期間を区切ってドルを持っていたいという場合、このような取引が意味があります。

このような形で通貨を保有する場合、金利も重要です。

仮に円が金利1%、ドルが金利6%なら、円を持っていた側は金利的に不利です。

金利ぶんは、スワップ取引の中で調節できるよう金額が設定されています。

高い金利を手放しても、金利差ぶんの損が出ないようにしているわけです。

この時に生じるスワップよる価格差が、スワップポイントとなります。

売りと買いの取引を組み合わせて行うために、スワップ取引は為替リスクが置きにくくなっています。