アルバイト求人の探し方

アルバイトの求人情報を探すにあたっては、自分が求める就労条件や職種についてまとめてみることをおすすめします。

現在学校に通っていて、空いている時間や曜日が決まっている場合があります。

勤務時間帯や週の勤務日数の条件からあるアルバイトの求人をチェックするとよいでしょう。

自分の希望する仕事の条件で検索できるので、インターネットのアルバイト求人サイトなら、仕事探しが簡単に出来るでしょう。

勤務地の希望が、学校の近くで働きたい、家の近くで働きたいなどであるのなら、アルバイトの求人を働きたい場所や沿線から探すことが可能となります。

収入を重視するのなら、時給や日給の条件からアルバイトの求人を見つけるとよいでしょう。

希望の職種があれば、希望の職種のアルバイトの求人を探し出すことから始めることになります。

人によっては優先される仕事の条件は様々です。

アルバイト情報誌や求人サイトなどを見ると、求職者がアルバイト情報を探しやすいように仕事の条件ごとにまとめられていることがほとんどです。

登録制アルバイトというものもあるのをご存知でしょうか。

登録制アルバイトとはアルバイトの人材を募集している会社に、自分の働ける日時や時間、希望の時給や勤務エリア等を登録します。

登録した会社から、条件に合った仕事があると依頼が来る仕組みとなっているのです。

このアルバイト求人は効率の良い働き方が出来、決まった時間ではなく、空いた時間を有効活用できるのが良いことろではないでしょうか。

アルバイト求人の年齢について

法律上アルバイトの求人において、年齢の制限を決めることは禁止されているといいます。

求人に年齢制限が無いと言っても、小学生や中学生が仕事をすることは出来ないのは誰もが知っていることです。

中学校を卒業するまで働くことは出来ないので、つまり15歳に達した以後、最初の3月31日まで働けないということになります。

一定の使用者側が行政官庁の許可を受けている職種については、13歳以上なら働くことが可能です。たとえば芸能関係では、13歳未満でも働くことができることになっています。

ほとんどアルバイトの求人の数としては見かけることは無いのではないでしょうか。

アルバイトの求人は15歳以上が一般的ですし、高校生不可のアルバイトも少なくありません。

アルバイトとはいっても、年齢を詐称しての勤務は違法です。

場合によっては勤めている会社に迷惑が掛かる事もあります。

履歴書がいらない求人もアルバイトによってはありますが、アルバイト年齢をごまかして応募することは決してしない様にしましょう。

アルバイト求人の場合はほとんどが人事担当者による面接があり、履歴書や免許証等の身分証明書の提出が必要となるでしょう。

正社員の仕事とアルバイトは社会に出て仕事をし給与をもらうこちになるのですから、なんら違いは無いといえるでしょう。

仕事には変わりないので、ついつい働く立場として責任が軽く思ってしまうアルバイトの求人ですが、社会人としての自覚を持ってアルバイトの仕事をするようにしましょう。

アルバイト求人の特徴

どのような方法で、アルバイトの求人情報を得ることができるでしょうか。

一昔前なら新聞の求人広告欄や折り込みチラシ、知人の口コミだったと思いますが今ならネット検索が主流でしょうか。

本業がメインにあって別に副業とするケースや学生のアルバイトが多いのが、アルバイトの特徴だといえるかもしれません。

本職や学業などを抱えた方が副業的に、収入を得るために仕事に従事する事をアルバイトと呼んでいます。

正社員の人に比べて比較的短く1日や1週間などの短期アルバイトのケースも少なくないのが、その労働期間です。

アルバイト求人にはもちろん、長期契約のものも多くあります。

職種は若い人向けのものが多いのが、アルバイトの求人の傾向です。

アルバイト求人に多いのは、飲食店や小売店の販売スタッフなどの他、短時間の仕事や深夜の仕事です。

専門的ノウハウの必要のない、未経験の方でもできる仕事が、就労期間が短期のケースが多く、それも特徴のひとつといえるでしょう。

近年では、不景気の影響が強く、正社員での採用をしてもらえなくて、アルバイトを始める人も少なくないようです。

最近のアルバイトの求人の中には、前提として正社員としての採用を設定している仕事もあります。

アルバイトも、経験の無い業界で経験を積むという意味では、意味のある経験といえるのではないでしょうか。

それぞれの人で、アルバイトをする理由や目的は異なるものです。大切なことは、まず自分の条件に合ったアルバイト求人を見つけることでしょう。

ページの先頭へ