為替スワップポイントの注意点

為替取引を行ったことで生じた金利差のことを、スワップポイントといいます。

二つのことを知ることで、スワップポイントのことがよりわかるといいます。

通貨と通貨の金利に差があって始めて、スワップポイントが生まれるというのがまず第一です。

スワップポイントは、金利の見直しなどで差が変われば、連動するものです。

日本の金利は随分と長い間ゼロからの横ばい状態ですが、ドルの金利がそれ以上に下がったら、スワップポイントは現在と正反対にドルを売って円を買った時につくようになります。

スワップ益を得るために高金利通貨の長期保有をもくろんだとしても、もしも金利が変動してしまったら、期待していた利益が入らないということがあります。

為替取引をする時には、レバレッジについても理解しておきましょう。

為替のスワップポイントは、実際の取引金額に応じて決まります。

証拠金を5万円だけしか入れていない状態で1万ドルを買ったとします。1年間そのままでいることができれば、今のままなら5万円のスワップポイントが見込めます。

スワップポイント的にはプラスになるように見えますが、レバレッジが高ければそれだけ含み損に耐えきれませんので、数円でも相場が下がれば、取引が強制終了されてしまうでしょう。

1年間ずっと同じドルを持っているためには、数円のレート下降に耐えられないようでは無理です。

損が大きくなったと感じてきたら資金をふやすという方法もありますが、レート変動は推測を越えることもあります。

為替取引を行う場合、大抵はスワップポイントより相場の変動で得られる売買損益の方が大きくなりがちです。

もしも長期にわたって為替のスワップポイントを得たいと考える場合は、レバレッジは低めに抑えて、余裕のある資金運用を心がける必要があります。

為替スワップポイント
為替スワップとは

関連記事一覧