在宅の仕事の注意点

年々増えてきている在宅の仕事にも注意点があります。

在宅の仕事に関連した言葉にSOHOがありますが、これらを総称するのがテレワークという言葉です。

在宅の仕事に関する相談事例が、国民生活センターのサイトで紹介されているようです。

これから在宅の仕事を始めようと思っている人には非常に参考になるといえます。

個人では営業ノウハウが無いので、その代わりに企業と在宅ワーカーの橋渡しになってくれる在宅の仕事向けの紹介会社があり、それを利用する人も増加しています。

そのような在宅の仕事を紹介してくれる会社を通じて仕事をする場合に注意しなくてはならないのが、高額な費用が最初に必要だと言われたときです。

初めの説明とは異なるようなことが、何十万円もするパソコン機器を購入させた挙句に発覚したりするのです。

在宅の仕事を全く紹介しないというケースもあるので注意が必要です。

トラブルを未然に防止するために、厚生労働省では在宅の仕事を安心して行う事が出来ることを目的に行っていることがあります。

守るべき最低限のルールとして、在宅の仕事の契約を締結する場合の、在宅ワークの適正な実施の為のガイドラインが設けられているのです。

ガイドラインでは、在宅の仕事の契約条件の明示及びその適正化の為に在宅ワークの契約様式の参考例もあるので事前に確認しておきましょう。

在宅ワーカーの方から発注事業所へ最低限必要なこととして、契約書の交付を求めることも大切です。

comment closed

トラックバックURL: 

ページの先頭へ