在宅の仕事について

どんな形態のものを、在宅の仕事と呼ぶのでしょうか。

総称するとテレワークと呼ばれるのですが、在宅の仕事に関連した言葉にSOHOというものがあります。

テレワークとは離れて仕事をする、働くを合わせて造られた言葉で、情報通信技術を活用し、在宅で仕事をする働き方を指します。

在宅の仕事には様々な形態があり、まず雇用関係のあるもの、無いものの2つに大きく分けられます。

雇用関係のある仕事については、会社員が自宅で働く形態の在宅勤務や、通勤時間の短縮等の為、自宅に比較的近い場所に、情報通信機器等を備えたサテライトオフィスに通勤する形態のサテライトオフィス勤務、携帯電話や携帯端末を活用して直行直帰型のモバイルワークと呼ばれる仕事もあります。

個人的に自宅で行う在宅ワーク、個人または少人数で自宅や小さなオフィスで事業を行うSOHOと呼ばれる仕事の形態があり、これが企業に属さず、請負的に仕事を行うもので、雇用関係のない仕事といわれるものです。

在宅の仕事の始め方にはいろいろな方法があります。

まず、何の仕事が出来るかというPRチラシを作り、以前の勤務先に宣伝します。

知人友人を介して宣伝してもらうのも効果的です。

ポスティングやダイレクトメールで企業に宣伝する方法もあります。

さらに求人サイトや求人雑誌によっても、在宅でもできる仕事情報を探すことができるでしょう。

在宅で出来る仕事情報に敏感になる事で、報酬相場をつかむ事も出来ます。

そして在宅の仕事向けのメーリングリストに、インターネットを利用して登録する事も出来ますし、ホームページでPRしたり、在宅の仕事の募集をしている企業にEメールを送ってみるというのもひとつの方法ではないでしょうか。

comment closed

トラックバックURL: 

ページの先頭へ