カードでキャッシング

多くの人が、お金が必要な時にキャッシングを使っています。

キャッシング会社が打ち出す新聞や雑誌の広告やテレビのCMも増え、無人のキャッシング契約機を目にすることも増えました。

キャッシングを使ったことがなくても、言葉は知っているという人は多いようです。

キャッシングとは銀行や消費者金融などの金融機関が、担保を必要とせず、カードを使ってATMやCDからお金を引き出せる個人向け小口融資のことです。

カードでのキャッシングは利用目的を問わず、繰り返し借り入れられたり、返済ができたりします。

月々の返済額は決まっていますが、カードを用いて前倒しをして一気に返すこともできます。

借り入れ、返済共に、利用者にとっては非常に便利な金融サービスがカードでのキャッシングです。

一枚のカードでクレジット機能とキャッシング機能を持たせることもできます。

機能の中止も可能ですが、大半のクレジットカードにはキャッシング機能があります

クレジットカードは、クレジットカードの加盟店での買い物なら使えます。

カードを使った買い物があると、加盟店は支払いをカード利用者ではなくカード会社に求め、カード会社が一時的に支払いを行います。

そして、カード会社は支払い請求を後日、定められた日に定められた方法で、買い物をしたカード利用者に対して支払ってもらいます。

キャッシュカードとの違いは、カードで買い物がでるという点です。カードを快適に使いこなすため、それぞれのカードの特徴を把握してください。