アルバイト求人の年齢について

法律上アルバイトの求人において、年齢の制限を決めることは禁止されているといいます。

求人に年齢制限が無いと言っても、小学生や中学生が仕事をすることは出来ないのは誰もが知っていることです。

中学校を卒業するまで働くことは出来ないので、つまり15歳に達した以後、最初の3月31日まで働けないということになります。

一定の使用者側が行政官庁の許可を受けている職種については、13歳以上なら働くことが可能です。たとえば芸能関係では、13歳未満でも働くことができることになっています。

ほとんどアルバイトの求人の数としては見かけることは無いのではないでしょうか。

アルバイトの求人は15歳以上が一般的ですし、高校生不可のアルバイトも少なくありません。

アルバイトとはいっても、年齢を詐称しての勤務は違法です。

場合によっては勤めている会社に迷惑が掛かる事もあります。

履歴書がいらない求人もアルバイトによってはありますが、アルバイト年齢をごまかして応募することは決してしない様にしましょう。

アルバイト求人の場合はほとんどが人事担当者による面接があり、履歴書や免許証等の身分証明書の提出が必要となるでしょう。

正社員の仕事とアルバイトは社会に出て仕事をし給与をもらうこちになるのですから、なんら違いは無いといえるでしょう。

仕事には変わりないので、ついつい働く立場として責任が軽く思ってしまうアルバイトの求人ですが、社会人としての自覚を持ってアルバイトの仕事をするようにしましょう。

comment closed

トラックバックURL: 

ページの先頭へ