在宅の仕事について

どんな形態のものを、在宅の仕事と呼ぶのでしょうか。

総称するとテレワークと呼ばれるのですが、在宅の仕事に関連した言葉にSOHOというものがあります。

テレワークとは離れて仕事をする、働くを合わせて造られた言葉で、情報通信技術を活用し、在宅で仕事をする働き方を指します。

在宅の仕事には様々な形態があり、まず雇用関係のあるもの、無いものの2つに大きく分けられます。

雇用関係のある仕事については、会社員が自宅で働く形態の在宅勤務や、通勤時間の短縮等の為、自宅に比較的近い場所に、情報通信機器等を備えたサテライトオフィスに通勤する形態のサテライトオフィス勤務、携帯電話や携帯端末を活用して直行直帰型のモバイルワークと呼ばれる仕事もあります。

個人的に自宅で行う在宅ワーク、個人または少人数で自宅や小さなオフィスで事業を行うSOHOと呼ばれる仕事の形態があり、これが企業に属さず、請負的に仕事を行うもので、雇用関係のない仕事といわれるものです。

在宅の仕事の始め方にはいろいろな方法があります。

まず、何の仕事が出来るかというPRチラシを作り、以前の勤務先に宣伝します。

知人友人を介して宣伝してもらうのも効果的です。

ポスティングやダイレクトメールで企業に宣伝する方法もあります。

さらに求人サイトや求人雑誌によっても、在宅でもできる仕事情報を探すことができるでしょう。

在宅で出来る仕事情報に敏感になる事で、報酬相場をつかむ事も出来ます。

そして在宅の仕事向けのメーリングリストに、インターネットを利用して登録する事も出来ますし、ホームページでPRしたり、在宅の仕事の募集をしている企業にEメールを送ってみるというのもひとつの方法ではないでしょうか。

子育てと仕事を両立させる環境

仕事と子育てとを両立させるための環境は、働く女性にとって非常に重要な部分であるといえる。

子供に母親と常に一緒に過ごすのと同じような環境を準備し、子供を守っていかなければならないし、仕事からどうしても手を離せない時や重要な会議がある時に子供が熱を出したらどうするべきかなどの日々起こりうる緊急時の対策をとっていかなければならない。

仕事をもつ母親にとっての子育ては、直接的はもちろんのこと、間接的に愛情を注ぐことがより多くなる。

そのための安心感は、子供を預けることのできる家族や信頼できる託児所や保育所を確保することができれば得られるだろう。

そうはいっても、家族のように我が子のことを見守る人や場所が多ければ多いだけ良いといえるだろう。

こういったネットワークを少しずつ広げていくことは、夫婦共働きであっても、シングルマザーの子育てであっても、子育てと仕事を両立していくという意味で大切なポイントだろう。

母親が積極的にこのようなネットワークを、子育ての方針をしっかりと定めていきながら築きあげていくべきなのである。

仕事では職場での人間関係があり、子育てでは子供を中心とした人間関係があり、ワーキングマザーにとって精神的な疲労を与える大きな原因となる。

世の中には、子育てのおけげで世界が広がったと言う母親もたくさんいるという。

仕事や家庭中心のだった毎日が子供中心となり、自分自身も目新しい出会いを通して成長することができる。

子育てするまで苦手意識のあった休日の遠出や他人との会話も、知らないうちに楽しみに変わっていくこともあるだろう。

まずは身近なところからコミュニケーションを図り、少しずつ地域の情報や支援にも枝を伸ばしつつ、子育てと仕事の両立を図っていきたい。

仕事と子育ての両立に向けて

仕事と子育ての両立に向け、まずは産後の自分自身の身体を仕事復帰に向け十分にケアしていかなければならない。

子育てを担っていく母親にとって、産後は身体のいろいろな部分がもとに元に戻ろうとする時期であり、非常に重要な期間だといえる。

仕事に育児休暇を取得せず復帰をすることを決めているのなら、出産後最低3週間は赤ちゃんと一緒に寝て過ごす生活にしたほうが、産後の体調回復をより順調にするだろう。

この出産後の時期は、出産までに積み重なった心身の疲労が、完全に抜けきらないものである。疲労感も寝不足も、子育てに対する責任感や母性によって忘れることができるかもしれない。

ところが体のホルモンバランスはまだまだ不安定であり、抵抗力も落ちているといえる。

仕事復帰後も母乳育児をしようと搾乳器を使い始め、必死になるあまり乳腺炎を引き起こす場合もあるようだ。

出産後のトラブルについての情報をできるだけ妊娠中から集めて、できる対策をとっておいた方が良いといえるだろう。

そして、トラブルが起きてしまったら、すぐに専門家に指導してもらうなどして、決して一人で抱え込まないほうが仕事復帰への影響を最小限にとどめることができるといえる。

まずはこうして、子育てに対する不安もさることながら、きちんと自分自身の健康管理をすることであろう。

女性として社会で仕事をがんばる姿は、子育てをする母としてだけではなく、他のたくさんの女性にとっても憧れであろう。

母親が子育てに従事する時間があまりないとしても、その後ろ姿をみて子供は育っていくものなので、仕事をする姿を見せることもすばらしい子育ての一貫である。

出産後の仕事と子育て

現在では、子育てに育児休業中の1年間は専念したいけれど仕事に復帰しなければならないなど、社会的役割を持つ女性が増加している。

そしてたくさんの女性が、多くの負担を抱えながらも産後間もなく仕事復帰しているのである。

それだけではなく、出産後できるだけ早く新たに仕事に就きたいと願う女性も、将来的に子育てに要する費用はもちろん、

家計を支えるためにもかなりいるという。

出産後の女性が早期に仕事に就き、子育てを支援する制度や、保育園や託児所等の環境は未だ不十分ともいえる。

こういう時代に子育てしながら仕事そしようとするのであれば、妊娠中からその覚悟を決めておくべきだ。

あらかじめ備えておくことが出産後の子育てと仕事復帰の不安を軽減してくれるかもしれないからである。

そして女性の体は、出産後も妊娠中と同じように心身に様々な変化が起きるものである。

ということは、適切に対処しなければ体にトラブルを引き起こす可能性がある。

産後約4~6週間はとくに、骨盤や子宮の戻りが不十分で注意が必要である。

その期間に無理を強いることが、後々、辛く思い更年期障害に悩むことに繋がるとも言われている。

仕事はせず子育てに専念する母親に比べ、子供との時間が短いのはもちろんである。

子供との時間は、休日が病院まわりや療養に占められてしまっては、どんどん少なくなってしまうであろう。

子育てへの影響を最小限にとどめ、築きあげてきた信頼や立場、せっかく得られた仕事を長く続けていくためにも、身体をいたわり、しっかり自己管理をしながら、晴れてワーキングマザーライフをスタートさせ満喫していきたいものだ。

転職の志望動機を考える

いろいろなことが、転職の志望動機を考えることでわかるかもしれません。

仕事に対する自分自身の姿勢が、転職の志望動機を考えるなかで明確になるのではないでしょうか。

まずは相手先の企業を知ることから、転職の志望動機を書く方法として開始してはどうでしょうか。

数年先の自分の姿を想像しながら転職の志望動機を書くことが大切です。

現在の転職活動は、未来の自分に影響を与えるものだからです。転職をしたいと思っている企業についてもよく考えることが大切です。

転職情報を調べている時や、志望動機を考えている時には、条件の良い雇用条件ということだけに目が行ってしまいうっかり見落としていた部分を発見することができるかもしれません。

真正面から転職志望動機と向き合うことで、希望する企業のマイナス点に目が止まることもあるかもしれません。

どんな企業でも短所といえる部分はありますので、デメリットも含めて検討し、それでも転職したいと思える企業を見つることが大切です。

反対に現職の企業の長所を再発見して転職をストップする事も考えられます。

実際に転職してから後悔しないように自分自身や企業をしっかりと転職の志望動機を考えることによって見直すことが必要でしょう。

自分にとっても、志望動機をしっかりと考えながら履歴書を作成するということは、とてもプラスになるものです。

本などの履歴書のマニュアルを単純に参考にするのではなく、自分の気持ちのこもった転職の志望動機を作成するようにしましょう。

ページの先頭へ