為替スワップとは

スワップとは、外国為替取引の種類のうちの一つで、この他に直物と先物があります。

外国為替のスワップ取引とは、一体どんなこともを指すのでしょう。

外国為替を利用して取引の中でも半分がスワップ取引で行われており、最も多い取引量となっています。

スワップ取引を行う場合、複数の取引を合わせて同時に行います。

同じ先物でも期日が違うものや、直物と先物など条件の違う物同士となります。

スワップ取引とは、もともとは外貨を調達するために行われていました。

円とドルによるスワップ取引を行うとどうなるでしょうか。

まず、二営業日後に資金の決済日があるドルを買うために、円を売るとします。

この場合、二日後にドルを得て、円を払います。

その上で、決済日が一カ月先と決まっているドル売り円買いの取引を行えば、円を得て、ドルを払う形になります。

期間を区切ってドルを持っていたいという場合、このような取引が意味があります。

このような形で通貨を保有する場合、金利も重要です。

仮に円が金利1%、ドルが金利6%なら、円を持っていた側は金利的に不利です。

金利ぶんは、スワップ取引の中で調節できるよう金額が設定されています。

高い金利を手放しても、金利差ぶんの損が出ないようにしているわけです。

この時に生じるスワップよる価格差が、スワップポイントとなります。

売りと買いの取引を組み合わせて行うために、スワップ取引は為替リスクが置きにくくなっています。

為替の推移予測の注意点

FX取引で差益を得るためには、為替をできるだけ正確に推測することが重要になってきます。

相場はある日急に動き出すことがあります。

チャンスではありますが、初心者にとっては要注意です。

為替レートは、その国での気候変動や地震などでも影響を受けますが、自然災害はいつ起こるかはほとんどわからないものです。

どれだけ為替について知ったとしても、自然的な出来事が発生するタイミングを読むことは不可能ですから、どうしてもわからない部分は出ます。

FXに不馴れなうちは、ちょっとした為替の変動にも動転してしまいます。

その場の勢いや雰囲気でとっさの判断をしてしまうということもあります。

為替がどのように推移するかを普段から意識し、リスクの発生を想定しておくことが重要になります。儲けを出すより、損をふくらませないことを考えていきましょう。

ストップロスの操作をしていなかったために、気づくと損が大きくなりすぎて、手持ちの資産が大幅に目減りしてしまったという人もいます。

今後、どんなに利益を出しても取りかえせないほどの損が出たりもします。

為替がどのように推移しても対応できるよう、リスクに対する備えをしておくことが重要です。

為替の予測に絶対はありません。初心者ならずとも、予想外の事態に直面することは少なくありません。

日ごろから冷静さを失わずに為替の推移を見守ることが大事になってきます。

為替相場の推移予測

FXで利益を出すには、為替相場の推移を予測する必要があります。

為替の推移状況を把握することは、FXをするに当たっては重要です。

FXをする人は年々増加しています。

基本的に、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析という二種類の分析手段で為替の推移を知ります

為替相場とは、通貨の需要と供給に応じて決まるものであるという前提がファンダメンタルズ分析の大もとです。

経済のファンダメンタルズに応じて需要が決定されるという考え方で、為替レートを理解するというものです。

ファンダメンタルズとは、経済の基本的な前提ということです。

通貨を発行している国の経済情勢がどのようなものかであり、失業率、経済成長率、金利、国際収支などのデータから知ることができます。

為替の相場は、必ずしも経済指標の内容と合わせて動いているわけではありません。

しかし、常時変わっていく為替は、経済の動きと切っても切れない関係にあります。

物価が上がれば上がるほど、通貨の価値は下がるというものの見方もあります。

物価上昇率が為替の推移に関与しているわけです。

通貨自体の価値が下がれば、他国と比較しての相対的な価値も下がり、為替に影響します。

結果的に、物価上昇率の高い通貨は下がる傾向にあり、物価上昇率が低い通貨は価値が上昇するわけです。為替の推移を知るには、物価上昇率も参考になるでしょう。

為替相場推移の見方

FXの取引に参加している人にとって、為替推移を知ることはとても大事なことといえます。

どのような推移をたどっていくかを知るためには、為替の動きに関するある程度の知識を持っておくことです。

様々な理由で、為替相場は常に揺れうごいています。

為替への影響力があるものについて知ることで、推移を予測することができます。

為替レートの推移をグラフ化し、そのグラフから将来的な流れを読み取るという方法もあります。

この方法にも様々なやり方があります。

為替相場が、一定の範囲を上下しているように見える状況をボックス圏といいます。

為替が上下どちらに推移していくかわかりにくい状況です。

取引のタイミングは、上値と下値を推測して決めることになります。

ボックス圏に近い動きをしつつも、抵抗線や支持線を越えていくものをフラッグ型と呼んでいます。

抵抗線の上値を更新していくかどうかが、フラッグ型での注目点となります。

相場の転換点に指し掛かっている時は、レートの変動が小刻みになり、推移自体が小さくなってくるといいます。

為替の相場は、チャートの形状を様々な角度から分析することによってわかったりもします。

ただし、為替レートの推移をチャートからわかるようになるには、経験が必要となります。

色々な為替チャート表を見たり、推移の予測方法を理解することによって、為替レートが理解できるようになります。

就職活動で成功する面接

就職活動で成功するための面接で重要となるのは自信と熱意です。面接でのマナーや、履歴書の書き方ももちろん大事なことですが、マニュアルがそのまま実社会で通用する訳とはいえません。

志望の熱意をきちんと伝えるためには、明るい態度やハキハキした答え方をしましょう。

マニュアル通りの就職活動では、人事の方に熱意を伝えることはできないからです。

社交性が有るか無いかだけではなく、自分に自信が無いと態度に表れてしまうでしょう。

はじめて自信があって、熱意を伝えることが可能なのです。ですが自信というものは、自己理解があってこそ成立するものです。

ただし根拠の無い自信は単なる誇大妄想でしかありませんので、自信と熱意は自分を見失わないためにも、就職活動には欠かすことのできないものなのです。

それだけではなく、この会社でなにが出来るのか、どう役に立ってくれるのかという点が、就職活動の面接で人事担当者が注目するところです。

そこで就職マニュアル通りの答えばかりしていては、採用してもらうのは厳しいといえます。

志望企業をしっかりと調べることで、自分の仕事に対する考え方を見つめることで、面接で人事担当者に伝えるべき方向性は自ずと浮かび上がってくるものです。

将来のビジョンも、就職活動中に自分を見つめ直すことによって見えてくるかもしれません。

そのようにはっきりした将来のビジョンは、就職活動に成功して入社した後でも、役立つに違いないのです。

焦りや劣等感に就職活動中は悩んでしまうこともあるかも知れませんが、はっきりとしたビジョンがあれば自信がついて熱意も伝わるに違いありません。

就職活動は、自信と熱意があれば必ず乗り切れるのではないでしょうか。

ページの先頭へ