為替オプションに向いている人

為替取り引きの一つである為替オプション取引にはどのような特徴があって、どういった人に向いた商品なのか見ていきましょう。

外国為替を取り引きする一般的な商品(FX取引など)であれば、チャートなどを使って何時間も相場の値動きを見ておく必要があります。

外国為替証拠金取引では、こまめにチェックをしておかないと損失を出すことがあるためですが、仕事などで多忙な場合、チャートをこまめに見ることはできないと思われます。

それに比べて、為替オプションはそれなりの知識と少しの時間で取引きに参加できます。

相場の値動きを常に見ておく必要は無いのです。また、外国為替証拠金取引では細かい作業が面倒ですが、システムに少々差があることを除けば面倒な作業も要りません。

為替オプションで必要な作業は簡単です。

判定時刻となった時に、為替のレートが取引きの開始の時点と比べてどう変わるかを選択するだけなのです。

仕事などで忙しく取引きに時間をかけられない方であっても、細かい値動きを追う必要が無いので取引可能です。

あまり取引時間を取れない人であっても、朝と晩に少しずつ時間を取ることができれば、取引と結果の確認ができます。

週末にしか時間が取れないような場合でも、提供会社によっては取引きが可能なこともあります。外国為替証拠金取引の場合、為替レートがどう上下するのかの予測が必要なほか、売買のタイミングをはかることも大事です。

為替オプション取引の場合、タイミングについて悩む必要はありません。

外貨FXでは、売買のタイミングを間違えると、せっかくの儲けをふいにしてしまうことになりかねません。

為替オプション取引は、レートの予測はできても売買タイミングをつかむのが難しいという方に向いているといえます。

タグ:

カテゴリ:FX  [コメント:0]

為替オプションとは

あまり耳になじみのないかもしれませんが、為替オプションをご存じでしょうか。

為替オプションは、別名をカレンシーオプションともいいます。

オプション取引ですので、売買するための期間、期日、売買価格を予定し、「通貨を買売する権利」そのものを売り買いする取引となります。

為替オプションの歴史ですが、マーケットでの取引は1980年代前半ごろに始まりました。

現在では外国為替市場における重要な取り引きとなっており、市場の規模は急速に拡大していて、リスクヘッジとトレーディングに利用されています。

為替オプションは、通貨を買ったり売ったりする権利を売り買いする取引であるため、通貨の受け渡しはありません。

為替オプションでは取り引きした通貨を現物で受け渡しすることがないため、直物為替や先物為替取引といった外国為替の取引とは異なります。

オプションの権利を購入した側は、この通貨を売買する権利を行使するかを自由に決めることができます。

逆に、権利の販売者はオプション料を得る代わりに、権利が行使された時点で取り引きを実行する義務を負います。

通貨オプションが満期となる日時と市場は、外国為替市場においてはあらかじめ決定されています。

この最終締め切り時間は、オプションのカットオフタイムと呼ばれます。

このカットオフタイムの前後のタイミングで、マーケットではポジション調整が行なわれるため、為替レートが大きな動きを見せることがあります。

テクニカル分析で為替予測

外国為替証拠金取引をする際には、為替予測がどうしても必要です。

利益を上げるために為替の予測をする方法はいくつもありますが、特にテクニカル分析の手法を身につければよいでしょう。

実際のところ、為替相場の予測を勘に頼って行なっている人も多くいますが、利益を上げるのが難しくなります

取引をして行くにあたって、テクニカル分析を利用すれば決まった法則を利用できるようになります。

テクニカル分析を行なうにあたっては、為替レートの過去の推移をグラフ化したデータであるチャートを基礎データとして利用します。

チャートを見ることで、為替相場に現在時点で影響を与えている値動きの要因を知ることができます。

経済指標の発表などの過去の時点における変動要因が為替レートにもたらした影響をすべて見ることができるのです。

チャートを用いて為替レートに法則性を見つけ、将来の値動きを予測するのがテクニカル分析です。

テクニカル分析の特徴は為替レート予測のイメージがつかみやすいことです。チャートという形で為替の情報を見ることになりますので、変動要因がもたらす結果を目で見て確認できます。

とはいえ、テクニカル分析を用いて為替予測を立てる場合には注意点があります。

チャートは過去の数字を示したものに過ぎないという点です。

チャートとしていま現れている結果は、過去の変動要因に対してマーケットが選択した道の一つに過ぎないのです。

テクニカル分析で行なった為替予測の結果については自分で引き受けねばなりません。

為替予測に役立つもの

しっかりとした為替の予測が、為替相場において外国通貨を取り引きする場合にはたいへん大事なものとなります。

為替相場の動向はきちんとチェックするようにしましょう。

相場の予測に失敗すると、利益を得るどころか損を出してしまう可能性もあるためです。

実際に為替の予測を立てる際に、利用できるサービスにはどのようなものがあるのでしょうか。

投資先の通貨を発行している国家の経済情勢を調べなければ、外貨に投資をするのは危険です。

投資する通貨に関する以外にも、世界の主要な国家についての情報も大事です。

アメリカやEUなどの経済情勢は知っておきましょう。

各国の金融政策や為替政策などは特に大事です。

また、政治動向や景気の状態、貿易収支にも注意を払いましょう。

目を向けるべき世界の動きはさまざまです。

例えば、アメリカ大統領選挙、中国やイラクの経済や政治情勢などです。

為替相場の将来の値動きを予測するには、国内総生産額、民間設備投資、雇用統計の数字などを見ることです。

そういった情報はインターネットやテレビ・ラジオなどのニュース、新聞や雑誌などから手に入れることができますが、おすすめは日本経済新聞です。

日経新聞のマーケット総合一面には、為替レートだけでなく株式の取引に関してやりとりされているさまざまな情報が紹介されています。

為替市場の将来的な動きについての解説やコラムなど、為替の動きを予測する際に参考にできる記事が数多く記載されているのです。

日経新聞をうまく活用して、為替相場の予測を立ててみてはどうでしょうか。

為替の予測方法

外国為替証拠金取引を手がけている人が増えてきていますが、その際に大変大事になってくることとして、今後の為替相場の予測があります。

適切な予測をすることができなかった場合、利益のでる取引は難しいでしょう。

将来の為替相場の動きを予測するのは困難です。

それでも、それなりに予測を立てるにはどうすればいいでしょうか。

ドル円レートが80円台となったような為替相場はドルが安すぎますし、130円台となったような場合ドルが高すぎると感じる人も多いと思います。

1ドル80円だとドル安すぎるとされるのはどうしてなのでしょうか。

納得のいく答えを明確に言える人はなかなかいないと思います。

レートに関する知識を持ち、適正な水準というものを知っていれば、相場が高くなっているのか安くなっているのかが分かります。

こうした疑問点をきちんとした形で解決しようと考えられてきた考え方が、為替相場決定理論です。

通貨の価値基準となるのは、その通貨に対する需給バランスです。

経済のファンダメンタルの観点から、通貨のnoによって通貨の需給を為替相場決定理論というのは、基礎的諸条件と呼ぶこともあるファンダメンタルは、経済活動の実態そのものを表したものです。

経済成長率、インフレ率、金利水準、国際収支、失業率などがそれに当たります。

通貨は国が発行するわけですが、その経済的な力がどれほどであるかを示したものです。

為替相場を予測するにあたっては、ファンダメンタルに現れる情報をよく見ることが大切です。

FX取引のデメリット

為替投資としてFXは興味深いものですが、利点と同時に欠点もあるようです。

FXの取引は、リスクをきちんと分かったうえで行うことが大切です。

実はFXは損失がでる恐れもあるもので、為替の推移によって差益を得るものなので当然といえば当然です。

マイナスが為替変動によって発生するのは、どの外貨を扱う金融商品にもいえることです。

為替FXはレバレッジをきかせているので、万が一損してしまうと大きくマイナス分に響いてきます。

自分の思い通りに相場が動いてくれれば、レバレッジの大きな投資をしていた場合見込めるのが大きな為替差益です。

反対に予想していない動きを相場がした場合には、何十万円もの投資金が一瞬で消えてしまうこともあるようです。

外貨取引をFXによって行っている場合、危険性として金利が変動することがあります。

政治、経済、金融情勢が二国間でどうなっているかによって変化するのが金利というものです。

考えもよらなかったときに金利の変動が起こる場合もあるので、かなり投資の予定が乱れることがあります。

これ以外にも、オンラインでインターネットを介した投資していることによる危険性もあります。

通信障害やシステム障害によって、うまく投資ができなかったり、正しい為替レートが示されなかったりする場合があるといいます。

投資で思ってもみなかった損を、為替売買注文のほんの少しの入力の間違いによってすることもあるそうです。

FX取引のメリット

最近多くなってきているのが、為替の差額を活用して投資の儲けを得るというFX取引をしている人たちです。

少ない投資でかなりの利益を得ることも、レバレッジという構造があることから可能であることが何よりのFXの魅力ではないでしょうか。

本来であれば、元手になるお金がたくさんなければ、投資で高額な利益を得ることはできないものです。

投資を為替の動きを活用してするのであれば、少なくなるのが変動値そのもので、今までの見解はかなりの金額を投じなければ利益は出ないというものでした。

自分のところにある金額の何倍もの取引が、レバレッジという制度を利用することでできるのがFXです。

レバレッジ10倍の取引をFXで行えば、差額による利益は10倍になるのです。

安いうちに購入し、高くなったら売ってしまうというやり方が、普通の投資というものです。

差額で利益を得る方法というのは、土地でも家でも購入は安いときにし、値が上がったら売というものしかありません。

高いときに売却し、買うのは安くなったときという実際とは正反対の取引ができるFXは、為替による信用取引を行っているからです。

このほかFXの利点としてあげられるのは、一日中24時間取引ができることです。

何時でもどこかの市場が開いているのが為替市場というものですし、毎日休みなくネット取引可能です。

どんなに朝早くても夜遅くても、為替FXなら自分の空いている時間を活用して取引をすることができます。

為替を利用した取引

手形や小切手などの信用手段を使って、離れた場所に現金を送る方法として存在するのが為替ですが、投資に使われることもあるようです。

決済が行われる地域がどこになるのかで外国為替と国内為替に分類されます。

外国為替を普通使うのは、為替レートの変動を利用して行う為替レートを使った投資です。

何が為替レートなのかというと、自国通貨と外国通貨を交換したときに比率です。

外国為替のレートは絶えず動いているものなので、タイミングよく外貨交換することによって差額で儲けることができるのです。

為替に自己資産の投資を1ドル100円のときにした場合です。

100万円投資した金額だった場合には、1万ドルが自分のところにあるという計算です。

円に交換するのを1ドル110円のレートのときに行えば、入ってくるのは110万円です。

為替投資の利益をして差額の10万円が手元にくるということです。

FXのというこの外貨為替の仕組みを使った取引をしている人がこの頃たくさんいるようです。

証拠金をFX業者に預けることで、自分の持っている資金の何倍もの金額を投資することができるのがFXで、外国為替証拠金取引を省略したものです。

少ない資金でもかなり儲けることが可能になるのは、手数料も高額ではなく、価格変動の良いチャンスを狙って取引を行った場合です。

今までFXをやったことがない人でも、バーチャルFXをデモ取引としてしばらく行えば、容易に要領を得ることができます。

効率よい取引を為替を利用することで行いましょう。

為替チャートのトレンドライン

いったい為替チャートのトレンドラインとはどのようなものなのでしょうか。

FX投資の基礎になるのは、価格が安いときに買い、高いときに売るというものです。

差益をFXで獲得するために重要なのは、簡単なことをどのようにやり続けるかということです。

売り買いのベストな機会を知るのは簡単なことではありません。

上手にタイミングを計るために使えるのが為替チャートです。

形が波のようになって値動きが表されているのが為替チャートの特徴です。

大きなトレンドという方向性の間に、短い期間で繰り返しているのが上昇と下降であるという見方です。

一瞬一瞬の値動きに振り回されてしまいがちなのが、為替チャートを読み始めたばかりの人です。

どのトレンドに現在はなっているかさえ分かっていれば、ちょっとした価格の変動に反応することは不要です。

売るタイミングや買うタイミングを、波状の動きから判断して決定することもできるようです。

具体的にとトレンドサインというのは、高値や安値で今までについてものをチャートで直線に結んだものです。

上昇トレンドで安値を結んだレジスタンスラインと、下降トレンドで高値を結んだレジスタンスラインの2種類あるのがトレンドラインの特徴です。

これ以上は価格が下がることはないだろうと予測されるのが、為替チャートのサポートラインです。

レジスタンスラインは為替チャートで見る場合、これ以上は価格が上昇することはなにと推測できるラインなのです。

為替チャートで流れを読む

FXや外国為替取引の基礎となるものが、為替チャートというものです。

図で見やすいように為替の値動きを表しているのが為替チャートですが、予想することがその目的で値動きを見ることではありません。

単に為替チャートを読むことができるだけでは、為替チャートは見通しを立てるものなので無意味だといえるでしょう。

現段階でレートが上昇基調なのか下降基調なのかを分かるために、為替チャートを活用するのです。売り方が強いか、買い方が強いかというのは大事な判断材料だといえるでしょう。

次から値動きの流れが今までと反対側に動く場合があるのが、売りと買いの勢いが同じという時です。

反発する箇所やどんなところで値動きが起きるかが、だいたいの流れをつかむことで理解できるようになります。

単にチャートを読んでいくだけで利益を得られるようになるには、為替チャートの分析方法を徹底すれば良いのです

みんな同じ通貨に投資している人は同じ為替チャートを見て値動きの予測をしているといえます。値動きが今後とうなるかということを考える場合、みな似たような答えを出すでしょう。

おおかたの動きを予測するこで、すみやかに損きりしたり、早めに効果のある売買をする判断ができるようになります。

為替チャートを何度も分析していけば、為替の流れをつかむことができるようになってくるでしょう。

ページの先頭へ