FX為替取引の準備

FXを開始する際にはまず何をすべきでしょう。

FX為替を扱っている業者は、最近ますます増えています。

株やFX取引を利用する時には、特に違法すれすれな会社には注意しなければなりません。

会社としてのモラルに欠けるところに虎の子の資産を預けていたら、気づけばお金が消えてなくなってしまっていたということもあります。

信頼性のおける業者か調べるためには、自己資本規制比率や資産の保全状況、そして金融庁に金融会社としての登録がなされているかを見てみましょう。

取引会社を選択したら、デモトレードで実際の取引の雰囲気を掴みます。

実際のお金の代わりにバーチャルマネーを使い、実際の為替レートによって模擬的な売買をするオンラインサービスがデモトレードです。

予備知識なしにFX取引を開始しようとしても、初めのうちは何かとわからないことも多いでしょう。

1度デモトレードをやってみると、要領がわかります。

デモトレードで基本的な操作をいろいろと覚えてからリアルトレードに以降することで、スムーズに進めることが可能になります。

FXをする人の中には、デモトレードでできていたことが本番ではできないという方もいます。

バーチャルマネーを使うデモトレードは架空の売買ですので、

思い切った判断や大きな決断をプレッシャーを感じるにできるといいます。

FXのデモトレードを経験する時には、実際の為替取引とできるだけ似たコンディションで行うといいでしょう。

FXと為替レート

FX取引を行う際には、為替相場が成否の鍵を握っています。

為替レートとは、ある国ともう一つの国の貨幣を取引する時の比率です。

為替レートは、国同士の貿易関係や金利などによって変わっています。

為替の変動状況を見極めて、売買取引で差益が出るようにすることが、FXで資産をふやしていくためには必要になります。

FXは相対取引と言われる取引形態をとっており、為替レートや数量が一定条件を満たした時に成立しています。

FXの相対取引は、世界各国のマーケットで常に行われています。

為替レートとは一つではなく、通貨と通貨の組み合わせ毎に存在います。

為替の相場には決まったものはなく、経済情勢などで常に変動しています。

どれだけの人がその貨幣を必要としているか、幾らぐらいの値段をつける用意があるかなどでその貨幣の価値は決まります。

状況によっては、今すぐユーロを売却したいので、条件が不利になっても構わないと考える人もいるのではないでしょうか。

その逆に、ユーロが欲しいけれど、レートが下がるまで腰を据えて待つつもりがあるという方もいます。

為替レートはFXでは非常に重要な意味合いがありますが、実際の売買ではそのレートとは限らないようです。

FX為替取引とは

FXとは、外国為替証拠金取引のことをいいます。

為替レートの変動を利用して外貨取引をすることで、為替差益を得る取引のことです。

ユーロ/円の取引ならば、ユーロが安い時に買い、高い時に売ることで日本円をふやすことが可能です。

FXを行う場合、金利差によるスワップポイントもメリットの一つです。

例えば、ニュージーランドドルが金利4%、日本円の金利が1%だった場合、この二国間の金利の差がスワップポイントとなります。

ニュージーランドドルを保有している間、金利差3%ぶんがスワップポイントとして加算されるという仕組みなわけです。

FXをしている人によっては、為替差益を狙うより、むしろこのスワップ金利をあてにしているという方もいるようです。

FXのメリットは、スワップと取引差益の2方面から利益が出せるところです。

FXが人気な理由は、この他にも存在していると言われています。

FXは、初期投資がさほど多くなくても、利用できるという利点があります。

FXには、証拠金を取引業者に入れることでその何倍もの売買取引が可能になる、レバレッジというものがあります。

平日であれば、24時間どんな時でも取引ができるという点もFXのいいところです。

FXは自分の時間的余裕がある時に、ネット環境があればどこからでもできるので、ビジネスマンや主婦層も為替取引をしています。

為替スワップポイント

外国為替取引には、スワップという形があります。

決済日を自動的に伸ばすことができるという特性を持っているようです。

スワップポイントというものがあることが、スワップ取引の特性です。

どういったもののことを言うものなのでしょうか。

為替スワップ取引の結果、金利の高い通貨を買い、金利の低い通貨を売った場合、高い金利ぶんの利益を得ることができることになります。

ドル円でスワップ取引をした場合、金利の差がスワップぶんとして調整され、ポジションを持ちこす形になります。

より正しくいえば、スワップ取引の反対側の金額とあわさった上で、差分が資産につけ加えられたということになるわけです。

スワップ益にひかれて、個人投資家の多くはロング買いを継続するという傾向があるようです。

軽々しく行動する前に、金利とはどういったものかにも注意を向けましょう。

返済能力がある企業は銀行からの融資も低い金利で利用できますが、貸し倒れリスクが高いと見込まれた企業は高金利でしか融資は受けられません。

為替レートと金利の関係も、それと同じものです。

金利が高い通貨は欲しがる人が減って、結果的に通貨の価値が下がります。

大きな流れと反対方向の動きであることは、高金利通貨を持つ場合は覚悟しましょう。

流れに巻き込まれたら大変なことになります。高い金利にひかれて通貨を買い、長期的にうまくいかなかった例もあります。

売りと買いが同条件になるよう均衡がとれているのが外貨取引ですから、スワップポイントで得をするためには注意が必要です。

為替スワップ取引を行う場合は、よく理解しておくことが大事です。

為替スワップポイントの注意点

為替取引を行ったことで生じた金利差のことを、スワップポイントといいます。

二つのことを知ることで、スワップポイントのことがよりわかるといいます。

通貨と通貨の金利に差があって始めて、スワップポイントが生まれるというのがまず第一です。

スワップポイントは、金利の見直しなどで差が変われば、連動するものです。

日本の金利は随分と長い間ゼロからの横ばい状態ですが、ドルの金利がそれ以上に下がったら、スワップポイントは現在と正反対にドルを売って円を買った時につくようになります。

スワップ益を得るために高金利通貨の長期保有をもくろんだとしても、もしも金利が変動してしまったら、期待していた利益が入らないということがあります。

為替取引をする時には、レバレッジについても理解しておきましょう。

為替のスワップポイントは、実際の取引金額に応じて決まります。

証拠金を5万円だけしか入れていない状態で1万ドルを買ったとします。1年間そのままでいることができれば、今のままなら5万円のスワップポイントが見込めます。

スワップポイント的にはプラスになるように見えますが、レバレッジが高ければそれだけ含み損に耐えきれませんので、数円でも相場が下がれば、取引が強制終了されてしまうでしょう。

1年間ずっと同じドルを持っているためには、数円のレート下降に耐えられないようでは無理です。

損が大きくなったと感じてきたら資金をふやすという方法もありますが、レート変動は推測を越えることもあります。

為替取引を行う場合、大抵はスワップポイントより相場の変動で得られる売買損益の方が大きくなりがちです。

もしも長期にわたって為替のスワップポイントを得たいと考える場合は、レバレッジは低めに抑えて、余裕のある資金運用を心がける必要があります。

1 2 3 19

ページの先頭へ