ピエール瀧容疑者もほっとした? 映画「麻雀放浪記2020」公開

目安時間:約 3分

本日の名言集

失敗しない者は、つねに何事もなしえない。エドワードジョンフェルプス

変えるにはリスクが伴う。変えなければより大きなリスクが伴う。ジョン・ヤング

自由とは、法の許す限りにおいて行動する権利である。シャルル・ド・モンテスキュー

出る杭は打たれるっていうけど、出すぎた杭は打たれないんや。本田圭佑

行動を起こすから、その先に何かが生まれる。変化は突然ではなく小さな努力の積み重ねから生まれるんです。野口健

ピエール瀧容疑者もほっとした? 映画「麻雀放浪記2020」公開

3/23(土) 16:56配信

夕刊フジ

 【芸能ニュース舞台裏】

 ミュージシャンで俳優のピエール瀧容疑者(51)が逮捕されて以降、出演作などの対応が出そろってきた。CDの回収、映画やドラマの再撮影、冠番組やCMの中止が決まる中、映画「麻雀放浪記2020」は予定通り4月5日に公開されることに決まった。

 「会見した配給元の東映の多田憲之社長と白石和彌監督は沈鬱な表情でしたね」と映画記者。複数の企業が出資する製作委員会方式で作られている作品だが、公開は全会一致の決定ではなかったという。

 「白石監督も『ほっとした』と本音を明かしましたが瀧サイドもほっとしているでしょうね。公開中止や延期なら、どれだけの賠償額になるか分からない。安心とはいえDVDなどのパッケージがどうなるのか、地上波で放送できるのか。間違いなく損害賠償問題に発展します」とも。

 公開は決まっても、全面解決はまだ先。だが、会見直後、この情報が解禁されると東映の株価は100円近く上昇した。市場は好感を持って受け止めたようだ。

引用:ピエール瀧容疑者もほっとした? 映画「麻雀放浪記2020」公開


カテゴリ:ニュース  [コメント:0]

本木雅弘さん「ただただ感謝しかない」 内田裕也さん死去

目安時間:約 3分

本日の名言集

失敗しない者は、つねに何事もなしえない。エドワードジョンフェルプス

変えるにはリスクが伴う。変えなければより大きなリスクが伴う。ジョン・ヤング

自由とは、法の許す限りにおいて行動する権利である。シャルル・ド・モンテスキュー

出る杭は打たれるっていうけど、出すぎた杭は打たれないんや。本田圭佑

行動を起こすから、その先に何かが生まれる。変化は突然ではなく小さな努力の積み重ねから生まれるんです。野口健

本木雅弘さん「ただただ感謝しかない」 内田裕也さん死去

3/18(月) 13:14配信

産経新聞

 ロック歌手で俳優の内田裕也さん(享年79)の死去を受け、俳優で娘婿の本木雅弘さん(53)が追悼のコメントを発表した。コメントは以下の通り。

 「仕事の予定がありロンドンに滞在中でした。

 訃報の連絡は妻(内田也哉子)から、英国時間で17日に日が変わった深夜に電話で知らされました。

 最後に会ったのは3月10日です。前日アメリカから帰国した長男(UTA)と次男を連れて病院へ見舞いに行きました。

 熱はありましたが、とても穏やかで、孫たちの話にもうれしそうにうなずき、現在放送中の私のCMについても「なかなかイイな」とほめてくれました。

 容体を見守る日々の中で、私も妻もどこかで覚悟はしておりました。

 時代を切り開いてきた業界の先駆者を失くしたということにおいても非常に残念ですが、岳父として、常に紳士的に接してくれたことに、ただただ感謝しかありません」

引用:本木雅弘さん「ただただ感謝しかない」 内田裕也さん死去


カテゴリ:ニュース  [コメント:0]

「マンガ原画の散逸」解決目指す 秋田の美術館、5月改装

目安時間:約 4分

本日の名言集

失敗しない者は、つねに何事もなしえない。エドワードジョンフェルプス

変えるにはリスクが伴う。変えなければより大きなリスクが伴う。ジョン・ヤング

自由とは、法の許す限りにおいて行動する権利である。シャルル・ド・モンテスキュー

出る杭は打たれるっていうけど、出すぎた杭は打たれないんや。本田圭佑

行動を起こすから、その先に何かが生まれる。変化は突然ではなく小さな努力の積み重ねから生まれるんです。野口健

「マンガ原画の散逸」解決目指す 秋田の美術館、5月改装

3/22(金) 23:50配信

産経新聞

 国内最大規模の20万枚以上の漫画原画を収蔵する秋田県の横手市増田まんが美術館は22日、5月1日に改装開館すると発表した。これまでの収蔵目的に加えて「魅せる展示」も行うことで、世界に広がる漫画ファンに“漫画の聖地”をアピールする。同時に、漫画界が直面している原画散逸問題の解決を目指す。

 同館は平成7年、漫画の原画を収蔵する美術館として開館。横手出身で「釣りキチ三平」などを手掛けた漫画家、矢口高雄さんらの原画を保存してきた。同館の名誉館長を務める矢口さんは、22日に東京都内で行われた発表イベントで「『漫画は子供の読むもの』『教育には百害あって一利なし』という考え方を、手塚治虫や白土三平らの原画を見ることで変えてほしかった」と振り返った。

 昨年、パリの競売で手塚さんの「鉄腕アトム」の原画が約3500万円で落札されたように、漫画の原画の価値は国際的に高まっている。その一方で、国内では掲載誌や単行本は重視されているものの、原画の評価基準はいまだ定まっていない。高橋大・横手市長は「このままではかつての浮世絵のように、世界に漫画の原画が散逸してしまうかもしれない」と危機感を示す。

 こうした状況を踏まえ、同館は5月の改装で、規模を従来の8倍以上となる約3300平方メートルに拡大。訪問者が原画の所蔵スペースや、デジタルアーカイブ化作業を間近で見られるようにするなどの大幅改装を実施する。「銀牙」シリーズの高橋よしひろさん、「海月(くらげ)姫」の東村アキコさんら約180人の原画の常設展示も行い、漫画ファンを満足させる「魅せる展示」を目指す。

 高橋市長は「日本の文化である漫画をしっかりと守り、絵に込められた“魂”を間近に感じてもらえる空間に生まれ変わらせたい」と意気込みを語った。

引用:「マンガ原画の散逸」解決目指す 秋田の美術館、5月改装


カテゴリ:ニュース  [コメント:0]

カテゴリー

スポンサーリンク











ページの先頭へ