沖縄観光スポットの穴場と絶景ロケーション探し リピーターの観光モデルコース2泊3日

目安時間:約 15分

冬の沖縄観光の穴場探しも面白いものですね。

沖縄観光は夏のイメージがありますが
冬の沖縄の観光スポット巡りもとても
楽しいものです。

 

沖縄観光スポットの穴場と絶景ロケーション

は未だ知られていないところがとても多いんですね。

 

おすすめ隠れた穴場と絶景ロケーションスポットも
沖縄本島内にもたくさんあります。

沖縄本島周辺にも北部南部にも
穴場と絶景ロケーションスポットにも
数多くあるようですので・・・

沖縄の観光スポットの穴場と絶景ロケーション

を調査してみました。

 

マニアックな沖縄の穴場と絶景ロケーション

沖縄本島南部「南城(なんじょうし)」「ガンカラーの谷」

ここは数十万年位に崩れたところで元々が鍾乳洞だったんです。

ここは約18000年前に住んでいたであろう港川人が
いたであろうという地域で今も発掘調査が進んでいるところです。

中にはレストランがあり冬の穴場としても
沖縄観光のスポットになっています。

ガンカラーの谷へのアクセスは

玉泉洞前バス停車下車から徒歩2分

レンタカーでいく場合は

那覇空港から高速道路利用で30分

近辺にある沖縄ワールドや玉泉洞を見学し

共に行くべき沖縄の穴場と絶景ロケーションです。

 

穴場であり絶景ロケーションの瀬底島(せそこじま)

瀬底島(せそこじま)は沖縄本島から600mほど沖合に
浮かんでいる島です

沖縄本島の海とは全く違う姿を見る事が出来ます。

 

瀬底ビーチの観光スポットなんですが
アクティビティも充実していますし
南国の楽園にピッタリな絶景ロケーションを
誇っており隠れた穴場スポットになって居ります。

瀬底島(せそこじま)へのアクセスは

名護バスターミナルからバスで45分位

レンタカーでいく場合は

那覇空港から高速道路経由で1時間30分程度

 

古宇利島(こうりじま)は秘境の上・絶景ロケーションを誇る穴場スポット

沖縄本島から離れた島ですがは橋でつながっています。

とても農業が盛んなところで
「ハートロック」と呼ばれる不思議な奇岩えを
見る事が出来る風光明媚な絶景ロケーションで
沖縄の穴場の一つですね。

古宇利島へのアクセスは

那覇空港から高速道路を走り2時間弱

2017年より今帰仁(なきじん)城跡から無料シャトルバスが・・

沖縄の穴場と絶景ロケーションはたくさんあるのですが
自分好みの代表的な沖縄観光スポットの紹介でした。

 

沖縄観光スポットの穴場と絶景ロケーションにどのくらいの観光客が・・

2030年度には沖縄観光1700万人を超えると
予測されております。

2016年度は沖縄観光数は877万人でしたので
大幅な増加が見込まれています。

訪日外国人観光客数も大幅に増えそうです。

2018年度は約1000万人弱で過去最高の
観光客数でしたのでそれに伴い
訪日外国人観光客数も増えていくことでしょう。

 

訪日外国人観光客数は約254万人でしたので
約25%の人が沖縄観光スポットに来ているんですね。

 

沖縄観光スポットの穴場と絶景ロケーションに
どのくらいの観光客が・・と調べては見たのですが
残念ながら見つけることはできませんでした。

 

しかしながら

沖縄自体が沖縄観光スポットの穴場と
絶景ロケーションですので案外と
多くの人が訪れていると推測されますね。

 

リピーターの沖縄観光モデルコース 2泊3日の特選コースの紹介

沖縄は何度行っても楽しく魅力的なところです。

冬に沖縄観光で修学旅行に行った人も病みつきとなり
リピーターになった人も多いようです。

数々の穴場があり子供たちの人気も高いようです。

今回は沖縄好きの子供たちや女子たちの
穴場であり絶景ロケーションをご紹介してみます。

那覇空港につきましたらホテルに
チェックインしてから那覇空港の近くに

福州園(ふくしゅうえん)があります。

福州園(ふくしゅうえん)の近くはその昔中国から
移住した人たちが多く住んでいたところです。

琉球の大きく貢献したそうです。

とても素晴らしい中国式庭園ですので
観光スポットの一つですから行ってみてください。

 

そして那覇の国際通り裏にある商店街に

行ってみましょう。

何か台湾にいるみたいな感じです。

お店お店を冷やかしながら1日を過ごすのも
楽しみの一つです。

 

沖縄に銭湯があるのはご存知ですか?

沖縄沖縄唯一の天然銭湯・・中乃湯です。

アクセスは那覇空港から車で約1時間の場所にあり
日本最南端の銭湯ですね。

 

日本最南端の銭湯って格好がいいですね。

意外と沖縄の穴場だったりして・・・

 

最盛期は沖縄には300件あったそうです。

天然銭湯・・中乃湯は最後の貴重な銭湯なんですね。

 

沖縄の銭湯は本土とは異なっているスタイルで
脱衣所と浴場に仕切りがないんです。

沖縄の人は慣れているのでしょうけど
脱衣所と浴場に仕切りがないのは
何となく違和感があるのはしかたがありませんね。

初めて入る人は斬新そのものでとても
貴重な体験なんです。

泉質は、アルカリ性鉱泉の源泉かけ流し天然温泉で
沖縄に行きましたら是非体験してみてくださいね。

 

沖縄の大衆娯楽場・・安慶名闘牛場の観戦

あげなとうぎゅうじょうと言います。

年に数回しか開催されないのですが
牛同士の一騎打ちは見ものだそうです。

沖縄に伝統文化も一つですので
もし沖縄に行った時に開催されていましたら
ぜひ観戦してみてください。

安慶名闘牛場はうるま市にありますが
うるま市は闘牛のまちとしられ闘牛グッズが
たくさん売られていますのでぜひお求めに
なってくださいね。

 

石川多目的ドームで闘牛が行われるときは
とてもたくさんに人であふれかえっています。

 

米軍基地内フリーマーケットで掘り出し物を探してみませんか。

米軍基地内フリーマーケットで買い物が
できるのをご存知ですか。

現地の人は殆どが知っていますが本土の人が
観光旅行をしていてもなかなかいくことが
できませんね。

沖縄の人にとっては身近なお買い物スポット
ですので沖縄観光スポットの穴場の一つですから
いくことをおすすめします。

入場料は無料ですのでパスポートまたは
免許証を忘れずにしてくださいね!

毎月第2週と第4週の土日のみ開催され
朝の7時にはオープンします。

アクセスは

那覇空港から車で約1時間5分で
フリーマーケットの会場入り口到着します。

珍しい雑貨や衣類がたくさん売られていますし
基地は負普段は入ることができませんので
雰囲気だけでも味わうのも楽しみの一つですね。

海外旅行に行った感じです。

周りは外人だらけですから・・・・・

 

まとめ

沖縄の旅行雑誌ではなかなか紹介されない
沖縄観光スポットの穴場と絶景ロケーション
でしたが如何でしたか・

意外と知らない場所があるんですね。

 

勿論沖縄に行きましたら沖縄のシンボルである
那覇首里城も行ってみてください。

首里城は火災で焼けてしましましたが
地元の人たちを含め復興するために
動いているようなので現在の首里城を
見ておくことは必要な事かもしれません。

 

チョットディープな沖縄観光スポット
穴場と絶景ロケーションしましたが
沖縄はたくさんの穴場スポットがありますので
ぜひ何度も行ってみてくださいね。

沖縄では観光バスではか必ずひめゆりの塔に
連れていきます。

年間通して約60万人の人々が観光いたします。

今は戦争をほとんど知らない世代に入っていますので
戦争と真実を向き合う貴重な場所がひめゆりの塔ですので
今ある幸せに感謝するために訪れるにはおすすめの
観光スポットですので沖縄に行きましたらぜひ行ってみてください。

>> 続きを読む

ページの先頭へ