メニュー

舘ひろしと新垣結衣のドラマがベトナムでリメーク「パパとムスメの7日間」 国際派日

大富豪の投資術
販売価格 定価:5,000円 → 無料!(送料別)
送料→→640円


「お金を使ってできることは、基本的に3つのことだ」

「使うこと、貯めること、そして投資することだ」

支出の目的は、今かかっている費用を賄い借金を避けること。

貯蓄の目的は、余剰の現金を蓄えておくことで将来の費用を賄うこと

投資の目的は、富を増やすこと。

その資産を増やし続ける方法が、この本には書かれています。

この本に書かれた方法を続ければ、誰でも7年で

1億円の資産を作ることができるのだと彼は言います…。

舘ひろしと新垣結衣のドラマがベトナムでリメーク「パパとムスメの7日間」 国際派日本人監督が魅せる新境地 アジア映画の風・脱ハリウッドへの挑戦

5/22(水) 16:56配信

 【アジア映画の風 脱ハリウッドへの挑戦】

 ベトナムで昨年12月に公開され、観客100万人以上を動員した大ヒット映画「パパとムスメの7日間」が、大阪市で3月に開催された「大阪アジアン映画祭」でクロージング上映され、大反響を呼んだ。

 原作は作家、五十嵐貴久の同名小説。父と娘の“中身”が入れ替わる物語で、日本では2007年に舘ひろし、新垣結衣主演でドラマ化、韓国でも17年に映画化された。奇想天外ながら親子の愛の本質に迫るテーマは世界普遍で、昨年、ベトナムでリメークされた。

 父を演じたタイ・ホアはベトナムでナンバーワンの人気コメディアン。娘役のケイティ・グエンは若手トップ女優。撮影スタッフも含めベトナムのオールスターが結集したが、その中に1人だけ日本人がいる。プロデューサーも務めた落合賢監督だ。

 東京生まれで、高校を卒業後、映画監督を目指して渡米。米国の大学で映画を学び、2016年、日本人監督として初めてオールベトナム語、ベトナム人キャストで撮った「サイゴン・ボディガード」が大ヒットした。同作主演のホアと再びタッグを組んで撮ったのが今作だ。

 「原作小説の面白さにひかれ、映画化を決意。ただ、日本とは文化も風習も違うので、あくまでベトナム映画として脚本を練り直しました」

 こう語るように、抱腹絶倒のコメディーの中に、ベトナムが抱える教育問題や社会情勢を丁寧に描き込んだ力作だ。

 「“ベトナムのチャプリン”ことホアらの熱演を日本の映画ファンに見てほしい」

 日本配給は未定だが、ベトナムが初めて認めた日本人監督はこう期待を込めた。

 今後もベトナムで撮る予定だが、「並行して日米でも撮っていきたい」と意欲をみせる。

 ハリウッド仕込みの国際派、落合監督が、ベトナムからアジア映画の潮流を変えようと挑んでいる。(フリーライター・波多野康雅)

引用:舘ひろしと新垣結衣のドラマがベトナムでリメーク「パパとムスメの7日間」 国際派日本人監督が魅せる新境地 アジア映画の風・脱ハリウッドへの挑戦

相場で勝つ魔法の投資法はあるのか?

よいトレードをすることだけを心掛けた結果
富がついてくる。

トレードはこうあるべきなのです。

そして、安定して勝っているトレーダーほど
特殊なことはしていません。

「理にかなった」ことをしているのです。br>

そんな安定して勝っているトレーダーがどんなことを考え、
どんなトレードをしているか?
>

相場で勝つためには、そんな正しいトレードの知識を知ることが、
結局は一番の近道になります。

販売価格 定価:2,980円 → 無料!(送料別) 送料 550円
>