スポンサーリンク



 

横浜が「横須賀M」に改名!? ついに決まった「新練習場」は2022年に完成

目安時間:約 4分




横浜が「横須賀M」に改名!? ついに決まった「新練習場」は2022年に完成

6/1(土) 16:56配信

夕刊フジ

 フライデーナイトで行われた明治安田生命J1リーグ第14節(5月31日)湘南-横浜(BMWス)は、アウェーの横浜が2-1で競り勝ち、今季初の3連勝で暫定順位2位まで浮上してきた。

 横浜は就任2季目のポステコグルー監督(53)の方針が浸透し、この日は気温21・2度の絶好のコンディションのもと、65%のボール支配率を背景にメリハリのある攻撃を展開。同監督は試合後「一歩一歩積み重ねてきている」と満足げで、1ゴール1アシストのFW仲川も「マリノスのサイドアタッカーはこれくらいやらないといけない」とうなずいた。走力はイーブンだったが、横浜はパスの成功率も81%を誇り、同58%の湘南を圧倒した。

 残念だったのは、湘南が浦和戦(第12節=17日)に続き、またもや審判団の微妙な判定に泣いたこと。前半12分に先制されていた湘南は同27分、ペナルティーエリア手前で武富が倒されたが、プロレフェリーの西村雄一主審(47)はノーファウルの判定。湘南の選手たちは猛抗議した。

 このシーンの前にも、横浜DFによるファウルととられてもおかしくない接触プレーを流していた。この試合では副審によるオフサイド判定の遅れも目につき、スピーディーな試合展開に水をさした。

 暫定2位まで躍り出た横浜だが、自前の練習場はもちろんクラブハウスも持たない“放浪生活”を送っている。

 この日、横須賀市の「くりはまみんなの公園」に天然芝、人工芝各2面、計4面のサッカーグラウンド(敷地面積約3・6ヘクタール)の新練習場を整備すると発表。総事業費は64億円、完成する2022年から横須賀市に年間1億7000万円の使用料を20年間払う管理契約の協定書を締結した。22年からは“横須賀マリノス”にチーム名も変える!? (夕刊フジ編集委員・久保武司)

引用:横浜が「横須賀M」に改名!? ついに決まった「新練習場」は2022年に完成





カテゴリ:2ch  [コメント:0]

comment closed

 共感されないことはやりたくないあなたへ 周囲に振り回されないよう、PC画面と向き合うだけのサイトアフィリエイトで実績を挙げて、念願の独立起業を果たして自分のためだけの人生を切り開きたくありませんか?
 世の中は運がいい人と運が悪い人がいると感じるあなたへ 1日1時間を6ヶ月間がんばって毎月3万円の安定的な収入を手堅く稼ぎませんか
 回りくどいやり方は嫌いなあなたへ 3ヶ月以内に売上アップするメソッドを知りたくありませんか
 一人でアフィリエイトを実践している孤独なあなたへ いつまでも遅咲きではなくそろそろ稼ぐことに集中したくありませんか
 自分の信念は曲げないあなたへ 個人的な感情を排除して徹底した基礎投資で圧倒的に稼いでませんか?
 欲しいもののために稼ぎたいあなたへ あなたが没頭できる分野を一つ決めて探究心を満たしたくありませんか

アクセスアップの方法 読者登録フォーム






ページの先頭へ