お得情報

<a href=”http://nozox.net/komi/deobebi”><span style=”color: #0000ff;”>なぜデオベビはベビー用品やママグッズをしっかり消臭するのか?</span></a>

<a href=”http://nozox.net/komi/nukazuke”><span style=”color: #0000ff;”>なぜ かんたんぬか美人はぬか漬けがわずか90分でOKなのか?</span></a>

<a href=”http://nozox.net/komi/allinwan”><span style=”color: #0000ff;”>スキンケア発想の オールインワン美容液石けん トルメラン誕生</span></a>

スポンサーリンク



 

本田翼、医師より「患者」の方がハマってる? 病室シーンやたら好評な理由

目安時間:約 4分




本田翼、医師より「患者」の方がハマってる? 病室シーンやたら好評な理由

6/4(火) 19:44配信

J-CASTニュース

 2019年4月期の月9ドラマ「ラジエーションハウス」(フジテレビ系)の第9回が、6月3日に放送された。

 同ドラマは漫画雑誌「グランドジャンプ」(集英社)に連載中の同名の漫画が原作。病院の放射線科でレントゲン撮影やCTスキャンの撮影を手掛ける診療放射線技師が主役のドラマで、主人公・五十嵐唯織を窪田正孝さん(30)が演じる。

 第9回では、唯織が務める甘春総合病院に大物政治家・安野将司(中村梅雀さん=63)が雲隠れ目当てで極秘入院するも、情報が漏洩。マスコミが押し寄せるなど、病院のパニックぶりが描かれるなどしたが、これと併せて展開された、同病院で放射線科医として勤務する甘春杏(本田翼さん=26)の入院シーンについて、視聴者から絶賛の声が上がっていた。

■入院患者役の本田さんに集まった絶賛

 前放送回の最終部分で、杏は病院内のエスカレーター上で転倒。頭部を強打し、処置室に運び込まれるシーンが放送された。そのため、3日の冒頭では杏が、普段は自らが使うCTスキャンの装置に入れられ、脳内の様子を撮影されるシーンがあったほか、経過観察のためそのまま入院する様子も描かれた。

 番組中、本田さんは複数回にわたって病室のシーンに登場。頭部と一緒に強打した右肩の異常を唯織に指摘される様子を始め、院長の大森渚(和久井映見さん=48)と唯織の素性について話す一幕や、自身の右肩の手術を担当することになった辻村駿太郎(鈴木伸之さん=26)と語り合うカットがあったが、これらを見た視聴者からは「(唯織の側を)急に振り向いた時の甘春先生の表情良い」といった声が続々。また、「病衣姿のばっさーもなかなか良かった」と、ビジュアル面でも好評だ。

 医師役を熱演してきた本田さんだが、視聴者からの評判は残念ながら今のところ「及第点」とは言い難い。しかし、第9回では前述のように一転して本田さんを絶賛する声が相次いだ。

1/2ページ

引用:本田翼、医師より「患者」の方がハマってる? 病室シーンやたら好評な理由





comment closed

スポンサーリンク











 

カテゴリー

スポンサーリンク











ページの先頭へ