お得情報

<a href=”http://nozox.net/komi/deobebi”><span style=”color: #0000ff;”>なぜデオベビはベビー用品やママグッズをしっかり消臭するのか?</span></a>

<a href=”http://nozox.net/komi/nukazuke”><span style=”color: #0000ff;”>なぜ かんたんぬか美人はぬか漬けがわずか90分でOKなのか?</span></a>

<a href=”http://nozox.net/komi/allinwan”><span style=”color: #0000ff;”>スキンケア発想の オールインワン美容液石けん トルメラン誕生</span></a>

スポンサーリンク



 

大麻合法化の流れ、ニューヨークでも陰り 先行州では問題続出

目安時間:約 7分




大麻合法化の流れ、ニューヨークでも陰り 先行州では問題続出

6/5(水) 10:00配信

産経新聞

 米国で進む娯楽用大麻の合法化の波に陰りが見え始めている。年内の合法化を目指していた東部ニュージャージー州は公共の安全への影響を不安視する声が高まり、法案の可決を断念。「最大の消費地」とされるニューヨーク州でも年内解禁が暗礁に乗り上げている。州政府にとって合法化によって税収増が見込めることは魅力だが、大麻解禁をめぐる議論は米国でも容易ではないことが浮き彫りとなった。

■税収の使い道で対立

 「成人の娯楽用大麻を合法化にしよう」。昨年11月に3選を果たしたニューヨーク州のクオモ知事(民主党)は同12月、「就任後100日間の課題」として2019年中の合法化を目指す考えを示した。

 ニューヨークでは医者の処方箋がある場合の医療用大麻は認められているものの、娯楽用は禁止。クオモ氏はかつて「他の薬物の入り口となる」と消極的だったが、他州の合法化を受け「考えが変わった」としている。

 だが、米紙ニューヨーク・タイムズによると、年内解禁の「期限」となる州議会閉会の6月19日が近づく中、合法化の機運は盛り上がっていないという。その理由として同紙は、警察をはじめとする法執行機関や学校の保護者会などからの根強い反対に加え、合法化推進派の間で税収の使い道をめぐって対立が起きていることを挙げている。

 同州が大麻合法化で見込む年間の税収は約2億5000万~6億8000万ドル(約280億~750億円)に上る。

 その使い道として、州議会の推進派議員らは、「これまでの薬物捜査で不当に標的にされた黒人やヒスパニック(中南米)系などマイノリティーの地域社会に税収の一定率を還元すべきだ」と主張。これに対してクオモ氏は、マイノリティー社会への投資には同意するとしつつも、老朽化による遅延や混雑が常態化している地下鉄など公共交通の整備に相応の税収をあてたい考えを示し、隔たりがあるとされる。

 クオモ氏は5月28日、「娯楽用大麻の合法化はいまだ優先課題だ」として州議会との交渉を続ける考えを示したが、先行きは不透明だ。

 一方、ニュージャージー州では、マーフィー知事(民主党)が17年に娯楽用大麻の合法化を公約に掲げて当選し、州議会との交渉を続けてきた。

 だが、一部議員から未成年者による使用や運転への影響などを懸念する声が高まり、今年3月に予定されていた合法化法案の採決は取りやめとなった。代替案として、州議会は5月末に医療用大麻の流通を大幅に拡大させる法案を可決。娯楽用大麻については来年の住民投票実施を目指すとしている。

■先行州では問題続出

 トップが合法化論議をリードしているにもかかわらず、両州で審議が難航した背景には、すでに合法化に踏み切っている各州での問題点が広く知れ渡り、反対派などとの協議がいっそう困難になった-との事情がある。

 米国ではすでに西部カリフォルニア州など計10州と、首都ワシントンがあるコロンビア自治区で娯楽用大麻が認められている。ただ、東部バーモント州をのぞいては住民投票で解禁が認められたこともあり、行政側の対応が後手に回っているのが実情だ。

 14年に全米で初めて娯楽用大麻を合法化した西部コロラド州では、大麻使用に絡む救急外来の件数が増加したことが、今年3月に発表された米医学誌の論文で明らかになった。同州のある病院を調査したところ、12年には大麻が原因とみられる救急外来数は約250件だったが、16年には750件以上と約3倍に増えたという。論文では、クッキーやキャンディーなどの「大麻入り食品」の危険性も報告されている。

 また、大麻の合法化論では、犯罪者が闇市場から利益を得るのを防ぐ効用が挙げられることが多いが、18年に合法化したカリフォルニア州の場合、現在も約8割の大麻が闇市場で流通しているとされる。大麻販売を認めていない地域が多いうえ、税金が高額で想定されていたよりも正規の取扱店が少ないことなどが理由とされる。昨年は大麻からの税収が想定を下回ったとされ、合法化の意義が疑問視されている。

 ただ、米国では、若者を中心に大麻の合法化を求める声は大きい。米世論調査会社ピュー・リサーチ・センターが行った昨年10月の調査によれば、米国人の62%が大麻の合法化を支持すると回答。2000年前後かそれ以降に社会人となった「ミレニアル世代」(1981~97年生まれ)では74%に上っている。

 こうした声に呼応するように、来年の大統領選に向けた民主党候補の指名争いでも、急進左派のサンダース上院議員が連邦レベルでの合法化を訴えるなど争点に浮上。大統領選に向け、大麻の是非をめぐる議論はさらに活発化していくことが予想される。(ニューヨーク支局 上塚真由)

引用:大麻合法化の流れ、ニューヨークでも陰り 先行州では問題続出





comment closed

スポンサーリンク











 

カテゴリー

スポンサーリンク











ページの先頭へ