お得情報

<a href=”http://nozox.net/komi/deobebi”><span style=”color: #0000ff;”>なぜデオベビはベビー用品やママグッズをしっかり消臭するのか?</span></a>

<a href=”http://nozox.net/komi/nukazuke”><span style=”color: #0000ff;”>なぜ かんたんぬか美人はぬか漬けがわずか90分でOKなのか?</span></a>

<a href=”http://nozox.net/komi/allinwan”><span style=”color: #0000ff;”>スキンケア発想の オールインワン美容液石けん トルメラン誕生</span></a>

スポンサーリンク



 

令和の「拳闘士」はセンサーでパンチの動きに連動!平成元年生まれのボクシングトイ「

目安時間:約 4分




令和の「拳闘士」はセンサーでパンチの動きに連動!平成元年生まれのボクシングトイ「拳闘士」がリニューアル

6/4(火) 16:22配信

Impress Watch

 タカラトミーは、進化型ボクシングトイ「拳闘士ガチンコファイト」を、7月11日に発売する。価格は5,980円(税別)。取扱い店は全国の玩具専門店や百貨店・量販店等の玩具売り場、インターネットショップ、及びタカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」。

【この記事に関する別の画像を見る】

 「拳闘士ガチンコファイト」は、1989年(平成元年)7月に発売し、シリーズ累計約60万個を販売したボクシングトイ「拳闘士」の進化版玩具。台座にセンサーがついており、センサーの前でパンチをするとフィギュアが手の動きに連動してパンチを出す。フィギュアのパンチが相手フィギュアの顔に当たると、足部分のフックが外れてフィギュアが倒れる。

■これまでの「拳闘士」との違い

 これまでの「拳闘士」シリーズでは、付属のグローブを装着して遊ぶのが特徴だったが、「拳闘士ガチンコファイト」ではグローブ不要で、素手で遊ぶことができる。また、シリーズでは初めて、コンピューターと対戦する「CPU対戦」モードを搭載したことにより、1人で遊ぶことも可能。このモードでは、全5ステージを勝ち抜くとチャンピオンとなる。ゴング、パンチ音、歓声、「Fight!」や「You WIN!」などのサウンド・ボイス音も収録されており、臨場感のあるバトルが楽しめる。

【これまでの「拳闘士」シリーズのラインナップ】
・1989年 「拳闘士」
・1990年 「拳闘士 PART2」
・1994年 「拳闘士 PART3」
・2001年 「NEW 拳闘士」
・2006年 「拳闘士 魂(ボクサーだましい)」

「拳闘士 PART2」■商品概要

商品名:「拳闘士ガチンコファイト」
対象年齢:6歳~
プレイ人数:1人~2人
商品サイズ:240×210×160mm(幅×高さ×奥行)
商品内容:ベース本体、ボクサーフィギュア、顔シールシート、取扱い説明書
使用電源:単3形アルカリ乾電池×4(別売り)

cTOMY

GAME Watch,清真(クラフル)

引用:令和の「拳闘士」はセンサーでパンチの動きに連動!平成元年生まれのボクシングトイ「拳闘士」がリニューアル





comment closed

スポンサーリンク











 

カテゴリー

スポンサーリンク











ページの先頭へ