スポンサーリンク



 

中川翔子「惜しかった」始球式 でも、記者から「フォロー」されて…

目安時間:約 4分




中川翔子「惜しかった」始球式 でも、記者から「フォロー」されて...

6/2(日) 16:34配信

J-CASTニュース

 タレントの中川翔子さん(34)が2019年6月2日、ZOZOマリンスタジアム(千葉市美浜区)で行われたロッテ対西武戦の始球式に登場した。この日の試合は氷上のミュージカル「ディズニー・オン・アイス」の「スペシャルデー」として行われ、中川さんは同作品のスペシャルサポーターを務めている。

【画像】悔しそうな表情を見せる中川翔子さん

 始球式に先立って行われたセレモニーでは、中川さんは「全力でノーバン決めてみせますので、応援してね!」と意気込んでいたが、始球式でのボールは中川さんから向かって右側にそれて「ノーバン」ならず。直後にツイッターで「左利きだけどボールは右だぜ」と悔しがった。

■「『ほぼノーバン』ということで...!」

 中川さんは過去に何回も始球式に臨んだことがあり、14年8月の広島対巨人戦(マツダスタジアム)で、1回だけノーバンを決めたことがある。中川さんはこの再現を目指すべく、

  「ちょっと今日は張り切って、一番高い栄養ドリンクを飲んだのと、腕もぶん回してきたので、スクワットもいっぱい決めてきたんですけど...」

と意気込み、ミッキーマウスから受け取ったピンクのグラブとボールで始球式に臨んだが、惜しくも目標には及ばなかった。

 中川さんは始球式後、ツイッターに

  「うーー!くやしい、惜しかったですノーバンもうちょっと!こんな広い空間で投げられて幸せです!左利きだけどボールは右だぜ」

と投稿し、報道陣にも

  「いやー、あんなに広い空間で、しかも、ミッキーからバトンタッチされたボールを投げられるなんて、最高に気持ちよかったです。だけど、惜しかったですねー。練習より、本番の方が飛びました」

などと「敗戦の弁」。記者が

  「横から見ると、ベースは超えたように見えた。これは、ノーバウンドと言っていいのでは...」

とフォローすると、中川さんは

  「そんなやさしい『おまけ』があるのでしたら...。『ほぼノーバン』ということで...!」

と、大喜びだった。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

引用:中川翔子「惜しかった」始球式 でも、記者から「フォロー」されて...





カテゴリ:2ch  [コメント:0]

comment closed

gaityu336.png

メルマガ登録で高機能アクセス誘導ツールプレゼント

 回りくどいやり方は嫌いなあなたへ 3ヶ月以内に売上アップするメソッドを知りたくありませんか
 一人でアフィリエイトを実践している孤独なあなたへ いつまでも遅咲きではなくそろそろ稼ぐことに集中したくありませんか
 欲しいもののために稼ぎたいあなたへ あなたが没頭できる分野を一つ決めて探究心を満たしたくありませんか
アクセスアップの方法 読者登録フォーム






ページの先頭へ