お得情報

<a href=”http://nozox.net/komi/deobebi”><span style=”color: #0000ff;”>なぜデオベビはベビー用品やママグッズをしっかり消臭するのか?</span></a>

<a href=”http://nozox.net/komi/nukazuke”><span style=”color: #0000ff;”>なぜ かんたんぬか美人はぬか漬けがわずか90分でOKなのか?</span></a>

<a href=”http://nozox.net/komi/allinwan”><span style=”color: #0000ff;”>スキンケア発想の オールインワン美容液石けん トルメラン誕生</span></a>

スポンサーリンク



 

チーム未来、電動バイクで2019年もマン島TTとパイクスピークに参戦

目安時間:約 4分

メルマガアフィリの高額塾を超えた!
『メルマガアフィリエイトの教科書のメルザップ(MAILZAP)』

チーム未来、電動バイクで2019年もマン島TTとパイクスピークに参戦

5/14(火) 15:45配信

レスポンス

電動バイクの販売・EVの開発請負を行うチーム未来は、電動バイクチーム「TEAM MIRAI」で、5月25日から6月5日に開催されるマン島TTレースの電動バイククラス「TTゼロ」に2年連続で参戦すると発表した。

[関連写真]

マン島TTレースは、英国グレートブリテン島とアイルランドの間にある英国王室領マン島で1907年から開催されている世界最古の二輪レース。2009年に始まったTTゼロは、走行時に排気ガスを出さないゼロエミッション車のクラスで、一周60.72km、高低差400mの公道コースでタイムを競う。チーム未来は、2012年と2013年にもTTゼロに参戦している。

マン島TTでは昨年同様に、マン島TTのレジェンドライダーであるイアン・ロッカー選手のレーシングチーム「Team ILR」と「TEAM MIRAI」がコラボレーションし、イアン選手がTTゼロ用マシン「韋駄天X改」を走らせる。

また、チーム未来は、6月24日から6月30日に米国コロラド州で開催される「パイクスピーク インターナショナル ヒルクライムレース(PPIHC)」にも参戦する。こちらも1916年に始まった伝統のレースで、標高2862mのスタート地点から標高4301mのパイクスピーク頂上までのタイムを競う。電動バイククラスは2014年に新設された。パイクスピークでは、チーム代表の岸本ヨシヒロ氏がライダーを務める。

5月15日には19時より、東京都世田谷区のE-スタジオで参戦発表会と懇親会を開催する予定。

《レスポンス 丹羽圭@DAYS》

引用:チーム未来、電動バイクで2019年もマン島TTとパイクスピークに参戦

ツイッターで絶対稼ぎたいあなたへ・・・

あなたの専用自動販売機をツイッターに作り上げ

月10万円という現実的な収入を

あなたも手に入れませんか!

フォローマティックXY



comment closed

スポンサーリンク











 

カテゴリー

スポンサーリンク











ページの先頭へ