お得情報

<a href=”http://nozox.net/komi/deobebi”><span style=”color: #0000ff;”>なぜデオベビはベビー用品やママグッズをしっかり消臭するのか?</span></a>

<a href=”http://nozox.net/komi/nukazuke”><span style=”color: #0000ff;”>なぜ かんたんぬか美人はぬか漬けがわずか90分でOKなのか?</span></a>

<a href=”http://nozox.net/komi/allinwan”><span style=”color: #0000ff;”>スキンケア発想の オールインワン美容液石けん トルメラン誕生</span></a>

スポンサーリンク



 

キムタク、冷徹な警察学校教官に!「踊る」脚本の君塚氏と初タッグ

目安時間:約 4分




キムタク、冷徹な警察学校教官に!「踊る」脚本の君塚氏と初タッグ

6/3(月) 4:00配信

サンケイスポーツ

 俳優、木村拓哉(46)が来春に2夜連続で放送されるフジテレビ開局60周年スペシャルドラマ「教場」(時間未定)に主演し、警察学校の教官役に初挑戦することが2日、分かった。総理大臣や天才外科医など数々の“ヒーロー”を演じてきたが、今回はキムタク史上最も冷徹な男を熱演。1日にクランクインし、「一刻も早く撮影したかったので、ようやくゲートが開いて前に進むことができる」と気合がみなぎっている。

 1996年の「ロングバケーション」や2001年の「HERO」などフジの連ドラを盛り上げてきたキムタクが、開局60周年の節目となる大作で令和も先頭を走る!

 「教場」の原作は、人気ミステリー作家、長岡弘樹氏(50)が13、16年に刊行して累計55万部を発行した同名小説シリーズ。木村は、神奈川県警の元刑事部捜査一課所属で、現在は警察学校の教官を務める警部補・風間を演じる。

 風間は警察学校について「優秀な警察官を育てる機関ではなく、適性のない人間をふるい落とす場」と断言。卒業への“サバイバルゲーム”を生き抜こうと必死な生徒90人に、容赦なく退校届を突きつける非情な男だ。

 脚本は、同局系ドラマ「踊る大捜査線」シリーズを手掛けた君塚良一氏(61)。初タッグの木村と“高視聴率コンビ”を組む大御所は「木村さんのドラマが好きで、いつか一緒に作りたいなと。木村さん演じる教官の体罰でなく、熱血でもない教え方は、これからの教師とは何かを示す」と社会に一石を投じる。

 演出の中江功氏(55)は、木村がブレークした94年の「若者のすべて」や98年の「眠れる森」などの話題作を担当。長岡氏は「風間について未知の部分がまだいろいろある。日本中で知らない人がいない木村拓哉さんが強烈な存在感で演じたとき、どれほど予想を超えた化学反応が起きるのか」と期待する。

 木村は、脚本ができていない段階から視察のために警察学校を訪れ、所作を特訓。今月1日にクランクインし、「風間は、生徒の立場からすると『睨まれたら終わり』というキャラクターなので、現場では生徒役のキャストと間合いを取る必要がある」と早くも冷徹な男になりきっている。 さらに「警察官になるまでの話を描く着眼点がすごく面白いし、やりがいも感じた」と手応え十分。令和初のドラマ撮影で、学生時代に経験した剣道の腕前も披露するだけに「見たことのない、味わったことのない作品になる」と新たなキムタク像を届ける覚悟だ。

引用:キムタク、冷徹な警察学校教官に!「踊る」脚本の君塚氏と初タッグ





comment closed

スポンサーリンク











 

カテゴリー

スポンサーリンク











ページの先頭へ